エンタメ情報まとめ minp!

レディー・ガガ、義援金リストバンドの送料などを巡り訴えられる

現在来日中のレディー・ガガの東日本大地震の義援金チャリティーを目的に販売しているリストバンドに関して「収益全額が被災者に渡っていない」として、リストバンドの購入者が返金および損害賠償を求める集団訴訟をミシガン州の連邦地裁に起こした。

日本でも現在販売されお馴染となったレディ・ガガのチャリティー・リストバンド。アメリカでは5ドル(約400円)で彼女のオフィシャルサイトを通して販売されているが、原告側は「全額を寄付するとしたにも関わらず、リストバンド本体の売り上げの一部のみを義援金としている」と内部保留があることを指摘、さらに米国内向けの送料3.99ドルに関しても本来0.5ドルで済むことや、さらに税金として60セントの税金が掛けられていることなど、過剰に送料や税金を請求していると主張している。

訴えた団体の弁護士は「レディ・ガガの活動を支持称賛しているが、全ての収益金が被災者に送られるという彼女の呼びかけが真実かは知る権利がある」とコメント。最終的に収益金全額が義援金として東北地方に届けられることが目的だと語っている。

なおレディ・ガガ側から現在のところこの件に関する正式なコメントは得られていない。

  • minp!音楽ニュース(2011年06月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's