エンタメ情報まとめ minp!

“バカテス”ニコ生で「おっぱいマウンテン原田ひとみです」宣言!

これを見た津田が、「これ楽しそう! 俺も行きたかったなあ」と羨ましがると、原田がすかさず「罰ゲームでしたよ!」と答えて視聴者を笑わせていた。

番組後半では、広報担当のミスティが登場し、出演者全員参加のゲームが行われた。

まずは誰か一人が構えた筒の中に他の人がてるてる坊主を投げ入れていき、制限時間内に10個入らなければアウトという「てるてる坊主フリースロー」。

筒を持ったのは下野で、投げ込まれるてるてる坊主を器用にキャッチするも、残念ながら8個という結果に終わってしまっていた。

続いては「お絵描き以心伝心ゲーム」。一つのお題に対して全員が絵を描いて答え、全員の回答が一致したらクリアという企画で、ミスティから出されたお題は「東京の名所といえば?」。これに5人は頭を悩ませながらも見事に全員が「東京タワー」を描いてクリアとなった。

最後は「ドキドキだるま落としゲーム」だが、トップバッターの下野が成功させた後、2人目に挑戦した原田が痛恨のミス。チャレンジ前に視聴者コメントで「嫌な予感しかしないw」「フラグたてすぎだろw」とつっこまれていた通りの結果になり、結局3つの企画のうち2つを失敗したことで罰ゲームが課せられることになった。

罰ゲームの内容は「面白あいうえお作文」で、最後の「お」でオチを担当することになったのは原田。ここで下野は、いつも番組で女性に触り続けている原田をネタにして、「あいつはいつも本当に女の子触りっぱなし」という文章から作文をスタートさせ、これに津田も「いつも女の子触りっぱなし」と続いた。

すると流れを読んだ水橋と磯村も「うちに帰っても女の子触りっぱなし」「エッチなこと考えて触りっぱなし」と盛り上げていき、この空気にやけになった原田が「おっぱいマウンテン原田ひとみです!」と発言。恥ずかしさのあまりテーブルに突っ伏してしまい、綺麗にオチを付けていた。

最初から最後まで放送事故すれすれの自由な放送となった「バカとテストと召喚獣にっ!コニコ生放送」。ファンにとってはメインキャストたちの仲の良さを知ることができた嬉しい放送となった。

  • minp!音楽ニュース(2011年06月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's