エンタメ情報まとめ minp!

2016年注目!ドラマ『女くどき飯 Season2』エンディングを歌うSoftlyの魅力にせまる!

Softlyは北海道苫小牧に住む女子高生の2人組ユニットです。ボーカルのMUTSUKIとギターのHARUKAは運命的な出会いをし、2013年にSoftlyを結成しました。2人ともフワフワと可愛らしい印象をもっていますが作品は秀逸です! それでは、2016年2月3日にメジャーデビューした2人の作品を紹介いたします。


■デビュー曲 「Maybe〜どうでもいいの〜」

「Maybe〜どうでもいいの〜」はSoftlyがはじめてスタジオでレコーディングした作品です。TBS『アッコにおまかせ!』のエンディングテーマやHTB初発全国20局ネット『超流派』オープニングテーマにも採用されています。また、2015年1月の配信リリース前に、全国FM局でパワープレイを獲得しました。
HARUKAのテンポのいいギターから曲が始まります。そこにMUTSUKIの透き通った歌声が合わさります。10代ならではの友情関係、恋愛の悩みなど複雑な心の内を歌っています。同世代の方たちは共感する部分ばかりだと思います。また、青春時代を思い出すような歌詞なので多くの年代から支持を受けるのではないでしょうか。

■待望の新曲はメジャーデビューシングル! 「キミがいい」

「キミがいい」は現在MBS/TBSにて放送されている深夜ドラマ『女くどき飯 Season2』のエンディング曲として選ばれました。また、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを決めた作品でもあります! テレビ番組だけでなく、ぐんまFM、山梨放送のパワープレイにも選ばれています。
好きになってしまった人への気持ちを綴ったポップでキュートなラブソング。片想いをしたことがある人なら誰もが感じたことがあるであろう「ねぇ、キミがいい 何も要らないから だから傍にいて 神様お願い」という切実な想いが、サビに書かれています。これから迎えるバレンタインデーシーズンにぴったりの曲ですね!

■Softly 人気No.1曲!「Fly」

「Fly」は配信曲第3弾として作成されました。大阪在住のヴォーカル3人組グループ、ベリーグッドマンのリーダーRoverと一緒に制作した作品です。
歌詞の中に「世界中を差し置いて あの場所で歌ってみる」「夢物語じゃなくて Stay together follow me.」「もしもこの先何があっても飛び越えてみせるわ」といった部分があります。この歌詞から、これから音楽の世界で羽ばたいていこう、挑戦していこう!といった気持ちが伝わります。今何かつまずいていることがある人も、何かに諦めかけている人も、この曲を聴いたらもう少し頑張ろうといった気持ちになるのではないでしょうか?

■Softly 1st アルバム『Softly,はじまるよ。』

2015年4月にリリースされました。上記でも紹介しました「Maybe〜どうでもいいの〜」をはじめとする、全7曲が収録されています。シングルでは限られた店舗でしか販売されていなかった曲も含まれています。
「ふらわー」や「ア・イ・タ・イ」のような10代の気持ちを赤裸々に綴ったラブソングだけでなく、これから世界へ羽ばたいていく、挑戦していく気持ちを歌った作品もあります。10代、20代の男性・女性どちらにも聴いていただきたい曲ばかりです!

■Softly 2st アルバム『Live Love Laugh』

2015年9月にリリースされました。「Girl's talk」では少し切ないメロディーにのせて女子高生ならではの心の内が歌われています。「それでも歩く道」では、自分が決めたこと、自分で選んだ道を迷わずに進んでいく気持ちが歌われています。
歌詞の中でも「逃げない 強くなる 負けない」といった力強い言葉が並んでいます。収録された全6曲どれも聴いた人の心に響く作品になっていると思います!

いかがでしょうか? これから目にすることが多くなるであろう高校生ユニットSoftly。作品1つ1つが力強く、解放感があるように感じます。ボーカルのMUTSUKIの透明感があり透き通った声、HARUKAのテンポのいい聴いてて心地よいギターは女性だけでなく多くの人々の心に届くのではないでしょうか? 少しつらい"片想い"をしている方、叶うようでまだ叶わない"恋愛"をしている方、新しいところで"新生活"を迎える方、多くの人たちの心に響く作品が多くあります。2016年、2人の活動から目が離せません!

  • minp!音楽ニュース(2016年02月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's