エンタメ情報まとめ minp!

BEAST、渡辺謙出演のハリウッド映画イメージソングに起用

鍛え上げた肉体で“野獣系”と呼ばれる韓国6人組グループ BEASTの「FICTION オーケストラバージョン」が、8月20日(土)公開の米・中・日合作映画『シャンハイ』のイメージソングに決定した。

1941年の太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に国家的陰謀と運命に挑む愛を描いた本作は、ハリウッドからジョン・キューザック、中国からはコン・リー、チョウ・ユンファ、日本からは渡辺謙、菊地凛子といった豪華キャストが競演することでも注目を集めている。
アジアの歴史とドラマを描いたこの壮大なサスペンス超大作をイメージしたBEASTの「FICTION オーケストラバージョン」は、彼らの本国韓国でのヒット曲「FICTION」を日本語で歌いあげたバラードナンバー。

今年3月に日本デビューを果たしたBEASTだが、今回は公開2か月前に迫る映画の予告編製作に間に合わせるため、多忙なスケジュールの合間を縫いながら深夜までレコーディングに臨んだという。オーケストラバージョンではオリジナルにはないメンバーのジョンヒョンによる日本語ラップも聴きどころとなっている。

楽曲は予告編やテレビスポットなどに起用されるが、8月10日発売の日本1stアルバム『SO BEAST』に収録されることも決定している。

  • minp!音楽ニュース(2011年06月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's