エンタメ情報まとめ minp!

松任谷由実、冬の風物詩となる苗場ライブ第36回目がスタート

松任谷由実が2月5日(金)に新潟・苗場プリンスホテルにて、冬の風物詩である毎年恒例のリゾートライブ『SURF&SNOW in Naeba Vol.36』をスタートさせた。1981年から開催された冬のリゾートコンサートは、今年で36回目の開催となる。

女性ソロアーティストで同一の場所でコンサートを行なうNO.1アーティストの記録を今年も更新中の松任谷由実は2月5日から17日まで全8公演を行なう予定。今回の全動員数は10,800人。今回の苗場公演含む総動員数は318,000人、全公演数は257公演だ。

毎年、新旧の代表曲からマニアックな曲まで、毎回のテーマに沿った選曲と、ユーミンならではの衣装が注目の苗場公演。今年のショーのテーマは「デニム」。デニムそのものというよりも、デニムという歴史的文化の様々な面を、楽曲を中心に構成されたショー。オープニングはデニム発祥の開拓時代を思わせるカウガールイスタイルの衣装で登場。パープルのハットにフリンジのベージュのブーツにショートパンツスタイルで、「Cowgirl Blues」では、華麗な鞭さばきのパフォーマンスを披露した。

続いてフラワーチルドレンの時代を思わせるベルボトムのデニムの衣装では、リリース当時の97年、自由をテーマに、同性愛のカミングアウトをモチーフにした画期的楽曲として注目を浴びたシングル「告白」や、シングル売上げでは自身最大ミリオンセラーの「真夏の夜の夢」(93年発売シングル)で盛り上げた。

途中、苗場恒例のリクエストコーナーを挟み、後半へ。前半からは一転、時は未来へ。アナログ盤のヘッドアクセサリーにシルバーのスペーシーなドレスで登場。テーマのデニムとは真逆の世界観の衣装の中にも、ヴィンテージデニムのディティールの様なバックポケットの隠しステッチが施されている。また、ヘッドアクセサリーのアナログ盤は78年6thアルバム『流線型‘80』のアナログ盤そのものを加工し制作されたもの。過去の芸術がその形を変えて、新たな価値観を生み出したアイコンのようにポイントとなっている。「Babies are Popstars」「守ってあげたい」等を歌い、苗場では欠かせない大定番曲「BLIZZARD」で本編を締めくくった。

アンコールでは、2015年秋に公開された映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』の主題歌である最新曲「気づかず過ぎた初恋」を苗場で初披露。リクエストコーナー含む本編、アンコール含め約2時間半のステージを繰り広げた。

今年秋に通算38枚目のオリジナルアルバムを発表する予定の松任谷由実は、この苗場公演終了後、本格的に制作活動に入る。2013年11月20日リリースの『POP CLASSICO』より約3年振りとなるアルバムだ。日本のPOPS史上に数々の歴史を残してきた、ユーミンの最新作に今から期待が高まる。

「SURF&SNOW in Naeba Vol.36」

2月05日(金) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月06日(土) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月09日(火) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月10日(水) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月12日(金) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月14日(日) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月15日(月) 苗場プリンス ブリザーディウム 
2月17日(水) 苗場プリンス ブリザーディウム  
<チケット>
¥8,640(税込)

  • minp!音楽ニュース(2016年02月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's