エンタメ情報まとめ minp!

「Let It Go」に続くディズニー映画主題歌「トライ・エヴリシング」PV解禁、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソング

『アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニーが贈る、最高にユニークな動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジーアドベンチャー映画『ズートピア』より、主題歌「トライ・エヴリシング」のPVが解禁された。


日本で社会現象にまでなった『アナと雪の女王』の「Let It Go」に続くディズニー映画の主題歌「トライ・エヴリシング」は、ヒロインのジュディが夢を叶えるため大都会“ズートピア”へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲。「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージを歌詞に込めた、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングとなっている。

このたび解禁されたPVは、生まれ育った小さな町を離れ、不安と期待に胸を膨らませたジュディが、人生の新たな一歩を踏み出す様子をイキイキと描いた内容に。同曲を歌うのは、ズートピアの美しき実力派ポップスターで、世の中への影響力も持ち合わせる象徴的な存在のキャラクター・ガゼル。そんなガゼルに大抜擢されたアーティスト・シャキーラの特徴的でパワフルな歌声が、一層「トライ・エヴリシング」を壮大なものに仕上げており、ジュディの物語をドラマチックに引き立てる。

映画の舞台は、動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”。動物による動物のために設計された大都会には、大きさも習慣もタイプも違う沢山の種類の動物たちが平和に共存し、さらにはどんな動物にも快適な暮らしができる環境が整えられている。そんな“ズートピア”に思いを馳せているのは、もふもふボディのディズニー最新ヒロイン、ウサギのジュディ・ホップス。

動物にはそれぞれ決められた役割があり、小さくて可愛いウサギは農場で人参作りに従事するのが“ウサギの人生”とされている世界。けれども、唯一彼女だけは幼い頃から警察官になりたいという夢を抱いていた。警察官になれるのは、サイ、ゾウ、カバのような大きくてタフな動物だけ…。「警察官になりたい」という大きな夢を叶えるためジュディは田舎町から大都会“ズートピア”にやってくる。

製作総指揮は、ディズニー作品のヒットメーカーであるジョン・ラセター。そして監督は『塔の上のラプンツェル』を手掛けたバイロン・ハワード、ヒット作『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアと、ディズニー・アニメーション第三黄金期の勢いを加速させた実力派の製作陣が集結。2016年4月23日(土)全国ロードショーの映画『ズートピア』の詳細については、公式サイト(Disney.jp/Zootopia)を参照されたい。

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

  • minp!音楽ニュース(2016年02月05日)
  • 制作協力:okmusic UP's