エンタメ情報まとめ minp!

TVアニメ「SKET DANCE」にGACKTが声優出演! コメントも!

週刊少年ジャンプ連載の人気作をアニメ化し、現在テレビ東京系にて好評放送中の「SKET DANCE」に、人気アーティスト・GACKTが声優出演することが明らかになりました!

GACKTが演じるのは、原作ファンの間で「GAKCTをモデルにしたのでは?」と密かに囁かれ、原作者も“GACKT”をイメージして作ったと認めているという、ヴィジュアル系バンドに心酔する人気キャラクター“ダンテ”。さらに、声優としての出演に留まらず、原作ファンの間でも屈指の人気を誇るエピソード「カイメイ・ロック・フェスティバル」のシーンでは、ヴィジュアル系バンド“JardiN”(読み:ジャルダン)のヴォーカル“ダンテ”として、初のキャラクターソングに挑戦することも決定しています。

同エピソードでは、“JardiN”のオリジナルソング「生きとし生けるすべてに告ぐ」を大熱唱。GACKTが“ダンテ”となって、本気のパフォーマンスを見せる「カイメイ・ロック・フェスティバル」に乞うご期待です。そしてこの度、ダンテ役・GACKTさん、週刊少年ジャンプ編集部「SKET DANCE」編集担当・川島直樹さんからのコメントも到着しています!

--------------------------------------------------------

■ダンテ役・GACKTさんコメント

Q.実際にアフレコに参加してみて、いかがでしたか?

このアニメはとにかく会話のテンポ感が凄いんだよ。
会話劇だから、お互いの間や掛け合いを大切にしているんだ。
3本のマイクにたくさんの声優の方々と入れ替わりながら一緒に収録するのは普通のアフレコの収録と違って、誰かがセリフを噛んでもアフレコを止めないでとにかく最後まで行くやり方。これは初めての経験だった。
だから、アフレコしていて楽しかったよ。凄く面白かった。

Q.今回、初めてキャラクターとしての歌唱ですが、GACKTとダンテの歌い方の違いなどは?

声優の時は、僕のイメージを前に出してもらいたいってことでイメージを変えない様に持って行こうと思ってやった。歌に関しては、スーパー高校生級っていうオファーがあったからね。しかも、ダンテは普段はすごい大人しいんだけど、ライブになると凄いんだ。だから、レコーディングが終わった後に、こんなに歌が上手い高校生いないよ!?ってプロデューサーには一応伝えたけどね(笑)。是非ダンテのパフォーマンスを楽しんでもらえると嬉しいな。


<楽曲情報>

タイトル:「生きとし生けるすべてに告ぐ」
作詞:藤林聖子/作曲:Ryo
アーティスト:JardiN(Vo.ダンテ C.V.GACKT)


■週刊少年ジャンプ編集部「SKET DANCE」編集担当・川島直樹さんコメント

ダンテは、まさにGACKTさんのイメージにぴったり!声優に決まったと聞いた時、篠原先生と共に「マジで!?」と驚き&歓喜の声を上げてしまいました。そして実際のアフレコにも立ち合わせていただきましたが、色気のあるGACKTさんの声が、想像していたダンテの声とバッチリ合っていて、本当に感動しました。アニメでGACKTさんによって更にかっこ良く、そして面白くなったダンテに注目して下さい!


(C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京

  • minp!音楽ニュース(2011年06月20日)
  • 制作協力:okmusic UP's