エンタメ情報まとめ minp!

マイケル・ジャクソンのブラバン・カヴァー集がヒット中

6月8日に発売となった世界初の吹奏楽によるマイケル・ジャクソンのカヴァー・アルバム『THIS IS BRASS ブラバン! 〜 Beat It〜』が反響を呼んでいる。

最新のクラシックチャート(6月6日〜6月12日 サウンドスキャン調べ)では、初登場2位を記録。CDの好調さに合わせ6月10日から収録曲からの5曲を期間限定105円(税込)で着うたフル(R)を販売したところ<レコチョク ジャズ/クラシック・フル>のデイリー・ランキングでは6/11から3日連続、このアルバムからの楽曲がTOP5を独占した。

さらにジャケット写真にも注目が集まっている。マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』のジャケットを想起させるようなマイケルのシルエットをうまく吹奏楽の楽器で表現したアートワークで、再現するために何度もやり直しを重ねて完成したもので、最終的に楽器計14個が使用されている。

現在公式サイトでは、『THIS IS BRASS 〜Beat It〜』のレコーディング風景や、今回の指揮者の松沼俊彦、東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターでアルト・サックス奏者でもある田中靖人、収録曲「スリラー」にソリストとして参加した16歳の天才フルート奏者の新村理々愛ら演奏者たちの座談会の様子も公開されている。

【リリース情報】
『THIS IS BRASS ブラバン!〜Beat It〜』
2011年6月8日リリース TOCF−90021 ¥2,800(税込)
収録曲
1.バッド(編曲:福島弘和)
2.今夜はビート・イット(編曲:天野正道)
3.スリラー(編曲:挾間美帆)
4.ジャクソン5メドレー(アイル・ビー・ゼア〜帰って欲しいの〜ABC〜さよならは言わないで)(編曲:星出尚志)
5.セイ・セイ・セイ(編曲:天野正道)
6.ビリー・ジーン(編曲:木原 塁)
7.ヒューマン・ネイチャー(編曲:山里佐和子)
8.キャント・ストップ・ラヴィング・ユー(編曲:挾間美帆)
9.スムーズ・クリミナル(編曲:森田一浩)
10.ディス・イズ・イット(編曲:三浦秀秋)

『THIS IS BRASS ブラバン!〜Beat It〜』オフィシャルサイト
(emij.jp/thisisbrass/)

  • minp!音楽ニュース(2011年06月19日)
  • 制作協力:okmusic UP's