エンタメ情報まとめ minp!

マイケル・ジャクソン最新PVに世界103カ国のファンが参加

間もなく2度目の命日(6月25日)を迎えるマイケル・ジャクソンのアルバム『MICHAEL』からの最新ミュージック・ビデオ「ビハインド・ザ・マスク」(YELLOW MAGIC ORCHESTRA(イエロー・マジック・オーケストラ)のカヴァー曲)が完成し、オフィシャルサイト(www.sonymusic.co.jp/MJ)で公開された。

マイケル・ジャクソン・エステート(財団)と米ソニー・ミュージックの共同企画として2011年3月にUSのオフィシャル・サイトでスタートしたこのビデオの制作プロジェクトは、全世界103ヶ国でビデオへの出演者を募集、出演希望者は自分のパフォーマンスを録画した動画を投稿することによってプロジェクトに参加出来るというもので、1600の投稿動画が採用され50人の子供たちや36匹の動物の映像も含まれている。

サイト上には応募者が簡単に好きな役・パートを演じることのできるツールが用意され、楽器の演奏、歌、観客、あるいはクラシックなMJのダンスを踊る、といった役割スクリーンのテンプレートの指示に従って、自分のウェブカメラで録画し、ビデオの最適なダイミングに合わせてそれをアップロードすることが出来るようになっている。
テクノロジー・ジャーナリストのナタリ・モリスは「“クラウド・ソーシング※”というコンセプトが生まれる以前から、マイケルはこの手法をビデオ制作に使っていた。マイケルとファンの間の絆を表現するのに、これ以上ぴったりのプロジェクトはないだろう」と、今回の企画について語っている。

ミュージック・ビデオの監督を務めたデニス・リウは「世界中の人々がマイケル・ジャクソンという類まれなアーティストの精神のもとに一堂に会し、マイケルへの想い、それぞれのクリエイティヴな歌声やダンス、音楽的な才能を共有する瞬間に立ち会えたことは、とても感動的で、何より光栄なことだった」と語っている。

なおこのプロジェクトへの応募者は、ビデオが解禁されて初めて自分がマイケルのミュージック・ビデオに出演しているのかどうかが明らかになるというこもあり、ファンの間では世界中でPV解禁の瞬間が話題となっていた。

※クラウド・ソーシング・・・新しい雇用形態として注目集めているもので、不特定多数に業務を委託すること。

  • minp!音楽ニュース(2011年06月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's