エンタメ情報まとめ minp!

HKT48と乃木坂46の東西アイドル対決が実現、勝敗は宮脇咲良VS松村沙友理のじゃんけん

音楽と格闘技がコラボした新ジャンルのフェス“GUM ROCK FES. In 日本武道館”が2016年1月25日(月)に開催され、長州力、藤波辰爾、HKT48、乃木坂46、しずちゃん(南海キャンディーズ)、スーパーササダンゴマシン、Thinking Dogs、Silent Sirenらが、約7,000人の観客を前に“対決”を繰り広げた。


●Thinking DogsとSilent Sirenがあの名曲をカバー!!

第1試合は、新進気鋭のロックバンドであるThinking DogsとSilent Sirenが出場し、ライブパフォーマンスで対決を行った。まずはThinking Dogsが「そんな君、こんな僕」やデビュー曲「世界は終わらない」など4曲を熱唱。「僕らは昨年6月にデビューしたばっかりだけど、こうして日本武道館でライブ出来るのは、僕らの力だけじゃなくてここに来ている皆のおかげだと思っています!武道館ありがとう!」と、ボーカルのTSUBASAがイベントへの熱い気持ちを語った。

続いてSilent Sirenがステージに登場。一曲目の「八月の夜」を歌い上げたボーカル&ギター担当のすぅ(吉田菫)は「私たちSilent Sirenもガムが大好きなので、ステージセットも可愛くてリハの時からすごくテンションが上がりました!みなさん盛り上がっていきましょー!」と会場のボルテージを一気に上げ、続いて「チェリボム」「ぐるぐるワンダーランド」など3曲を歌った。

そして最後は、2組のバンドがステージにあがり、THE BLUE HEARTSの名曲「リンダリンダ」をセッション。新進気鋭のロックバンドたちによるコラボレーションに、会場中は大いに盛り上がった。今回の対決は、観客が「エネルギーを多く与えてくれた」と感じたバンドの方へガムロックポーズをして、そのポーズの数の多さと総合プロデューサーであるサイモン利根川の独断と偏見で勝敗を決定。その結果、サイモン利根川の“名前が好き”という理由で、Thinking Dogsがこの対決を制した。

第2試合には、南海キャンディーズ・しずちゃんと、新潟在住の覆面レスラー・スーパーササダンゴマシンが登場し、手描きの漫画とパワーポイントを駆使して、次回のGUM ROCK FES.構想をプレゼンテーション。スーパーササダンゴマシンは「噛みごたえのあるガムの敵は、似た感触の餅だ!餅を突く新潟のご当地アイドルを使って、ガムと餅を対決させよう!」と、次回の構想を力説。覆面プロレスラーなのにパワーポイントを使って解説しているそのシュールな姿に、会場からは笑い声が上がっていた。

そして、しずちゃんは「スーパーササダンゴマシンとガチで戦いたい!私も覆面を被るから、負けたら覆面はがされてしまうデスマッチをしよう」と誰もが予想できないストーリーを写真を使ってプレゼンテーション。まさかの提案に「女性との戦いには、全然抵抗ありません。でも…格闘技経験がある方とは、プロレスしないと決めているんです!」とコメントしたスーパーササダンゴマシンに、来場していた観客たちは笑いを堪えきれない様子…。今回の対決は、しずちゃんが圧倒的大差で制した。

セミファイナルでは、HKT48と乃木坂46のライブパフォーマンスによる東西アイドル対決が実現。先に登場したHKT48は、アイドルらしい制服をロックバージョンにアレンジした衣装に身を包み、「しぇからしか!」「ロックだよ、人生は・・・」「メロンジュース」など6曲を披露した。指原莉乃は「出番前にマネージャーから、“7:3で乃木坂46ファンの方が多いよ”と言われてかなりビビッています(笑)格上の相手だけど、頑張ります!」と意気込み、会場の熱気はさらに高まっていった。

対する乃木坂46は、白を基調とした清楚な衣装で登場し、2015年末の「第66回NHK紅白歌合戦」でも披露した「君の名は希望」のほか、「ポピパッパパー」「おいでシャンプー」など5曲を熱唱した。ブログでHKT48への果たし状を綴ってきたというキャプテンの桜井玲香は「めっちゃ気合い入ってるんですよ!絶対に負けないという燃える気持ちで今日来ました!」と闘志がみなぎっている様子。そして最後には、乃木坂46が「控えめI love you!」、HKT48が「ダンケシェーン」を披露、お互いの曲をカバーするというこれまでに無いコラボレーションパフォーマンスに、会場中から大歓声が上がった。

今回の対決は、両グループから代表者を1名選出した“GUM ROCK じゃんけん”で決定。HTK48・宮脇咲良、乃木坂46・松村沙友理によるじゃんけん対決は、3回のあいこののち、指原から仕掛けられた心理戦に松村が揺らぎ、宮脇が見事勝利した。

メインイベントとなるファイナルでは、60歳を越えて今なお現役レスラーである長州力と藤波辰爾によるプロレス60分一本勝負が行われた。HKT48が応援団を務める長州がお馴染みの入場ソングでリングに登場すると、乃木坂46と観客のドラゴンコールを受けながら藤波も入場。“名勝負数え唄”と言われ続けてきたこの黄金カードの再来に、会場はここ一番の“長州”、“ドラゴン”コールに包まれた。試合は、両者互角の攻防が続くも、長州渾身のリキラリアットが決定打となり、5分49秒で勝利。長州は「いやぁ、むちゃくちゃ大変でした。」と笑顔でコメントすると、二人はお互いを称え、熱い抱擁を交わした。

エンディングでは、出演者が全員ステージに上がり、Thinking Dogsの「あと100マイル」を観客と一緒に合唱。今回のフェスの感想を聞かれた出演者たちは、「本当に楽しかったです!ありがとうございました!」(Silent Siren ボーカル&ギター担当のすぅ[吉田菫])、「熱い時間を過ごさせていただきました!楽しかったです!」(南海キャンディーズ・しずちゃん)、「みなさんありがとうございました!GUM ROCK FES.最高―!」(HKT48・指原梨乃)、「本当に会場のみなさんの熱気が伝わってきて楽しかったです!出演者の熱い戦いに感動しました!」(乃木坂46・生駒里奈)と、充実した表情でコメントした。そして最後に、総合プロデューサー・サイモン利根川が「音楽と格闘技の融合で新しい未来が見えた!また来年もGUM ROCK FES.やっちゃおうぜ!」と締めくくり、“音楽と格闘技”の対決コラボレーション“GUM ROCK FES. In 日本武道館”は幕を閉じた。

<セットリスト>

●Thinking Dogs
M1.3 Times
M2.そんな君、こんな僕
M3.ごめんね、キャサリン
M4.世界は終わらない

●Silent Siren
M1.八月の夜
M2.チェリボム
M3.ぐるぐるワンダーランド 

●Thinking Dogs、Silent Sirenのコラボレーションパフォーマンス
リンダリンダ(THE BLUE HEARTSの曲)

●HKT48
M1.しぇからしか!
M2.桜、みんなで食べた
M3.ロックだよ、人生は・・・
M4.ウインクは3回
M5.メロンジュース
M6.12秒
M7.ダンケシェーン(乃木坂46の曲)

●乃木坂46
M1.命は美しい
M2.ポピパッパパー! 
M3.制服のマネキン
M4.君の名は希望
M5.おいでシャンプー 
M6.控えめI love you!(HKT48の曲)

●グランドフィナーレ(出演者全員)
あと100マイル(Thinking Dogsの曲)

  • minp!音楽ニュース(2016年01月27日)
  • 制作協力:okmusic UP's