エンタメ情報まとめ minp!

ロリー・ギャラガー幻の未発表アルバムがリリース

アイリッシュ・ロックのムーブメントに多大な影響を与えたブルース&ロック・ギタリスト、ロリー・ギャラガー。彼の生前に録音された未発表音源を収録した幻のアルバム『ノーツ・フロム・サンフランシスコ』がソロ・デビュー40周年を記念して、30数年の時を経て7月6日に発売される。

妥協のないミュージシャンシップで知られ、納得のいくサウンドを得るために、何度となく再レコーディングを行っていたというロリー。現在のようにデジタル編集が自由に出来る時代では無かっただけに彼の拘りは凄まじいものだったことは容易に想像できる。

テイストというグループに在籍後1971年のソロ転向、11枚のスタジオ・アルバムを制作したことは知られているが、それ以外にほぼ完成させながら「満足がいかない」とお蔵入りさせたという2枚のアルバムが今回リリースされる『ノーツ・フロム・サンフランシスコ』だ。幸運なことに一切音源が流出せずに今日まで眠っていた。

本作ライナーにも詳細な制作秘話が記されているが、1月14日<ウィンターランド>で行われたセックス・ピストルズのラスト・ライヴを目撃したロリーは大きなインパクトを受け、ほぼ完成している作品の方向性をよりシンプルで骨太なロックンロール・サウンドに急遽変更しようとした。結果バンドメンバーの脱退を招き、結局止むを得ず本作はお蔵入りとなったという。

本作は決してボツ曲集ではなく、生前ロリー自身もリリースを望んで魂を注いだ作品を、彼自身が望んだ方向性で、一番近い存在であった弟のドネルとその息子のダニエルのプロデュースの元、現代の最新技術によって完成させたものである。
CD-2のライブ盤は1979年12月、サンフランシスコのブルースの聖地『ジ・オールド・ウォルドーフ』クラブで収録された。こちらも今まで一切公開されていない音源だ。

【リリース情報】
Rory Gallagher『Notes From San Francisco』Rory Gallagher            
【デラックス・パッケージ(初回生産限定盤)】
36頁豪華ハードブック型パッケージ(ライナー:エリオット・メイザー[オリジナル・プロデューサー]、ドナル・ギャラガー[プロデューサー])、自筆歌詞&制作メモ、レアフォト)
特製ポストカード4種類封入
別冊日本語ブックレット(英文ライナー訳、日本盤用書き下ろしライナー、歌詞、対訳)2CD 税込¥4,420

【通常盤】
ジュエルケース
2CD 税込¥3,780

  • minp!音楽ニュース(2011年06月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's