エンタメ情報まとめ minp!

Galileo Galileiがバンド終了「“おもちゃの車”から降りることを決心」

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の主題歌「青い栞」や「サークルゲーム」などのヒットで知られるロックバンド“Galileo Galilei”が、今週発売されるニューアルバムと、3月からスタートする全国ツアーを以って“Galileo Galilei”を終了させることを、オフィシャルサイトにて発表した。


発表されたコメントではGalileo Galileiを“おもちゃの車”のようなものだったと例え、バンド終了の理由を「険しいコンクリートの道路を走ってみたくなってしまった」ため、“おもちゃの車”から降りることを決心したと説明している。

1月27日(水)にリリースされるラストアルバム『Sea and The Darkness』は、「恋の寿命」、「嵐のあとで」、「クライマー」などのヒットシングルのほかに人気シンガー“Aimer”をゲストヴォーカルに迎えた「ベッド」などを収録。またラストツアーとなる「Galileo Galilei “Sea and The Darkness” Tour 2016」はバンド最多・最長となる全国18か所にて開催、4月6日(水)には東京・恵比寿LIQUIDROOMでの追加公演も決定している。

以下、発表されたコメント全文となる。

■Galileo Galileiコメント

Galileo Galileiを愛してくれているみんなへ

僕たちは、今月27日にリリースする4枚目のアルバム「Sea and The Darkness」と、3月から行われる春のツアーをもって、
Galileo Galileiを終わらせることにしました。

僕たち3人は10代の頃、北海道・稚内の小さなガレージで、友達とゲームで遊ぶような感覚で音楽を始めました。
その“遊び”はGalileo Galileiというバンドになり、僕たちを乗せてここまで連れてきてくれました。
突然の成功に戸惑いながらも、自分たちが鳴らすべき音楽を探求し続けるうちに、ぼんやりしていた僕たちの人生は、意義のあるものに変わっていきました。
そんな素晴らしい数年間の中で成長し、遊びで始めた音楽が、いつのまにか人生すべてを賭けて極めたいと思えるような、かけがえのないものになっていたのです。

振り返ってみると、Galileo Galileiというバンドは僕たちにとって、子供の時に大切に乗っていた“おもちゃの車”のようなものだったのかもしれません。
けれど“おもちゃの車”では、庭の芝生から先へとは進めなかったのです。
僕たちはその先にある、どこまでも続く険しいコンクリートの道路を走ってみたくなってしまったのです。
そして大人になった今、この愛する“おもちゃの車”から降りることを決心しました。

みんな知ってるとおり、僕たちは言葉で伝えるのがとても苦手なので、
すべての想いは、実質上のラストアルバムとなる「Sea and The Darkness」に詰め込みました。
このアルバムの中から、愛するみんなに何かを感じとってもらえたら嬉しいです。

今後のことは、まだ何も決まっていませんが、きっと良いニュースを伝えることができると信じています。
みんなにライブ会場で会えるのを楽しみにしています。

2016年1月25日
Galileo Galilei

  • minp!音楽ニュース(2016年01月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's