エンタメ情報まとめ minp!

千菅春香、初ファンミで1stアルバムリリースなど重大発表「感謝の気持ちでいっぱい」

声優・歌手として活躍しているする千菅春香が、自身の誕生日である1月23日(土)に東京・九段下の科学技術館サイエンスホールにてイベント“千菅春香 1stファンミーティング Birthday Party”を開催した。


イベントでは様々なコーナーやライブが披露。集まったファンと誕生日を祝うとともに、千菅から感謝の想いも伝えられた。さらにイベントのアンコールでは、「ネットラジオの復活」「1stフルアルバム発売決定」「1stワンマンライブの開催決定」の3つの重大発表が行われた。

そしてこの度、同イベントのオフィシャルレポートが到着している。イベントで告知された重大発表の続報については公式サイト(http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Artist/A024282.html)をチェックしておこう。

■“千菅春香 1stファンミーティング Birthday Party”オフィシャルイベントレポ

イベントが始まり場内の照明が落ちると、スクリーンの「平成4年1月23日 午後12ジ32分誕生」という文字に合わせ、幼少期から現在までの写真が次々と映し出された。そして「2013年2月メジャーデビュー」という文字が現れると、4人のバックダンサーを引き連れ千菅春香が登場。テレビアニメ「モモキュンソード」のオープニングテーマ「桃色ファンタジー」をかわいい振り付けと共に披露。集まったファンは一斉に立ち上がり、桃色のペンライトを振りながら応援した。

千菅春香さんはこの日のことを心の底から楽しみにしていたようで、「みなさんこんにちは!24歳の千菅春香です。今日はいままでで最高の誕生日です。最後まで楽しんでいきましょう!!」と満面の笑みで集まったファンにお礼を述べると、デビュー曲「プラネット・クレイドル」を披露。こちらはゲーム『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』のオープニングテーマ。2013年から応援してきたファンにとっては思い出深い曲のはずだ。

■単なる「天然」ではない? 千菅春香さんの謎に迫る質問コーナー

ライブパートが終わると、イベントの司会を務める菊地創が登場し、千菅への「質問コーナー」が始まった。菊池は千菅のことを、「まったく先が読めない人物で、天然とも違う! かわいい新人類です(笑)」とユニークに紹介。
このコーナーから千菅は「動用すると動くネコミミ」を装着した猫コスチュームに衣装チェンジ。

今後のビジョンや目標を聞かれると、「アニメや歌など、エンターテイメントに触れているときが楽しく、この世界に飛び込めたのが嬉しい。年を重ねてもエンターテイメント作品やステージを作っていけるような人間になりたい」とコメントし、ファンから大きな拍手が起こった。

■親友の愛美が登場し千菅春香の誕生日を祝福

衣装チェンジのためにステージから姿を消していた千菅が再登場すると、パッと場内の照明が落ちてサプライズ企画。ゲストの愛美が登場し、場内のファンと一緒に「ハッピーバースデートゥユー」を合唱。千菅は照れながら「みなさんありがとうございます!」と嬉しそうに感謝の気持ちを述べた。

ここからは「千菅春香と!愛美の!カラオケお悩み相談室」のコーナー。来場者から事前に募集した悩みに答え、解消に役立つ曲を2人がカラオケで熱唱し、場内を沸かせた。
このコーナーの最後に千菅は、「カラオケを歌うと日常を忘れられます。悩んでいる人はカラオケで歌って気分を発散すればいいと思います」と、千菅流カラオケ活用術を紹介してコーナーを閉めた。

■千菅春香からファンのみなさんにメッセージ

「みなさん、いつも応援ありがとうございます。
私ももうすぐデビュー3周年。時が経つのは早いですね~。
この3年間じゃ、毎日が新しい作品や、先輩型や仲間、そしてみなさんとの出会いの連続でした。
楽しい時間がたくさんある中でも、みなさんと過ごす時間は格別です。
いろんな作品を通して、それぞれのタイミングで私を見つけてくださった皆さんと一緒にいると、それだけで胸がいっぱいになって、ここにいるみんなと新しい景色を見続けたいと、思わせられます。
みなさんのあたたかい気持ちひとつひとつに答えられるように、
今日からまた、頑張ります!
これからも、よろしくお願いします♪

―― 千菅春香 ――」

■イベントの後半は再びライブパート

イベントの後半は再びライブパート。ステージに千菅が再登場すると、いままで爆笑の連続だった場内の雰囲気は一変。テレビアニメ「琴浦さん」のエンディングテーマ「希望の花」を歌い、透明感溢れる歌声で客席を魅了。続いてイベント最後の曲は「ワンダーリング」。千菅春香さんはステージを左右に行き来しながら手を振り、客席と眼を合わせながら歌い上げた。

一旦ステージから姿を消した千菅春香さんは、アンコールでステージに登場し重大発表が3つ同時に行われた。まずは昨年期間限定で放送されていたネットラジオ「ラ・ラジオ・コミュニケーション」復活のニュース。そして2つ目は、1stフルアルバムの発売決定。既存曲に加え、新たな楽曲を作成中だと発表。この告知に場内には大きな拍手が起こり、あちこちから「おめでとう!」の声が上がった。そして最後に、1stワンマンライブの開催決定も発表された。
声援を受けた千菅は、「おめでとうと言ってくださいますけど、みなさんの応援や、こうやって集まってくださるから実現できるんです。みんなで叶えた1stアルバムと1stライブなんです。みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです」と深々と頭を下げた。

重大告知を行った後、イベント最後の曲はテレビアニメ「アクエリオンロゴス」のエンディングテーマ「ジュ・ジュテーム・コミュニケーション」で盛り上がり、“1stファンミーティング Birthday Party”は大成功で閉幕した。

  • minp!音楽ニュース(2016年01月24日)
  • 制作協力:okmusic UP's