エンタメ情報まとめ minp!

ペット・ショップ・ボーイズ、3年ぶりのニューアルバム『スーパー』の日本発売が決定

1980年代から活動をはじめ、ダンサブルでアップリフティング、華やかなサウンドと虚無的な透明感を漂わせるヴォーカルを併せもつ、ニール・テナントとクリス・ロウの唯一無二の個性派デュオ、ペット・ショップ・ボーイズ。そんな彼らの約3年ぶりとなるニューアルバム『スーパー』が、4月1日に日本発売される事が決定した。そして、そのジャケット写真は、CD、LP、デジタルの各フォーマットで色が違う、趣向を凝らしたものになる。

今作はロンドンとベルリンで作曲され、前作『エレクトリック』に引き続き、マドンナ、カイリー・ミノーグ、ニュー・オーダーなどを手掛けてきたスチュアート・プライスを起用し、プロデュースとミキシングをロサンゼルスで行った。

新作の発売後、2人は7月20日から23日の間、ロイヤル・オペラ、ロイヤル・バレエ団らの本拠地として使用されている、ロンドンの歌劇場「ロイヤル・オペラ・ハウス」にて、4回の滞在公演を行うことも決定。アルバム収録曲でもある『インナー・サンクタム』と題されたこれらの公演は、彼らの会場に特化した、新しいショーを観る唯一の機会となる。演出は2人のデザイナーを長年つとめるエス・デヴリンと、振付師のリン・ペイジが手がける。

また、ファーストシングルは90年代の初期ロンドンのクラブ・シーンを彷彿させるアンセミックな「ザ・ポップ・キッズ」と言うタイトルに決定した。今後日本でも、アルバムのデジタル配信予約がiTunesにてスタートする。予約特典として、先行トラック「インナー・サンクタム」が即時ダウンロード出来るようになる予定。

2人は「スチュアート・プライスとまたスタジオに入れたのは最高だったね。『エレクトリック』の続きから始めて、結果にワクワクしているんだ。しかも、エレクトロニック・ミュージックをロイヤル・オペラ・ハウスに持っていけるのがとても楽しみだね。あれほど壮大で美しい会場に。僕たちにとってはとてもスペシャルな4日間になるよ。今年はイギリスでのコンサートはこの時限りなんだ」と語っている。

本国イギリスにおいて、これまでに22曲のTOP10ヒットを持ち、うち「WEST END GIRLS」、「IT'S A SIN」、「ALWAYS ON MY MIND」、「HEART」の4曲がチャートの1位を獲得。また、1986年のデビューアルバム『ウエスト・エンド・ガールズ』から、2013年のアルバム『エレクトリック』の計12作すべてが、全英アルバムチャートのTOP10入りを果たしており、まさにイギリスを代表するアーティストと言える。

新作『スーパー』は100%エレクトリックでダンサブルだった前作を超える、新たな作品になるだろうと、注目されている。

アルバム『スーパー』ティーザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=Omqby5MqDjs

「インナー・サンクタム」 オフィシャル・オーディオ
https://www.youtube.com/watch?v=lNLkcOqQSBM

アルバム『スーパー』

2016年4月1日(金)発売
SICX-41/¥2,400+税
※仕様:歌詞・対訳・解説付
※日本盤ボーナストラック収録予定
<収録曲>
1.Happiness
2.The Pop Kids
3.Twenty-Something
4.Groovy
5.The Dictator Decides
6.Pazzo!
7.Inner Sanctum
8.Undertow
9.Sad Robot World
10.Say It To Me
11.Burn
12.Into Thin Air

  • minp!音楽ニュース(2016年01月23日)
  • 制作協力:okmusic UP's