エンタメ情報まとめ minp!

元モー娘。のリンリンがアイドルグループをプロデュース、微博(ウエイボー)でフォロワー13万人突破

“モーニング娘。”や“新ミニモニ。”で活躍したリンリンが作詞・作曲・プロデュースを行う中国の現役学生アイドルグループ“Idol School”のCDデビュー記者会見が、2016年1月20日、上海浦西洲際ホテルにて行われた。


Idol Schoolは、25人(正式人数)の現役学生で構成。微博(中国の「つぶやき」投稿サービス)のフォロワーが1年間で13万人を超え、2015年12月31日に上海佳都劇場で4時間にわたって行われたカウントダウンライブ“2016年年越し公演”の動画配信サイトでの生放送を1万2,000人が視聴するなど、中国での人気は飛ぶ鳥を落とす勢いであるという。

2014年11月に結成され、2015年8月にオリジナル作品18曲を引っ提げて「逆襲」公演(上海馬蘭花劇場)でプレデビュー、その後、数多くのステージを重ねて正式デビューを目指していた彼女たち。学業優先を重視する中国の文化では、全員が現役の学生であるIdol Schoolは、まさに前代未聞のアーティストなのだとか。

そんな彼女たちの仕掛け人であるリンリンは、モーニング娘。卒業後は本国に戻り、クリエーターとしての修行を積んでいたそう。初プロデュースグループとなるIdol Schoolでは、リンリン本人が作詞・作曲を多数手掛け、脇を固める制作陣には原田ナオ、楊慶豪、SHIKI、亀田誠治、前山田健一など、日本のトップアーティスト/アイドルを手掛けるクリエイターが集結。リンリンが日本での活動で培ったアイドルのノウハウが惜しみなく注ぎ込まれているとのこと。

記者会見では、リンリンが「良い未来へ向かって羽ばたいて行ってほしい」とIdol Schoolに掛ける想いを伝え、「逆襲」公演でファン人気が一番高かったという作品「Back You Up」を披露。なお、Idol Schoolは日本での活動も視野に入れているそうなので、気になる人は続報のチェックをお忘れなく。

  • minp!音楽ニュース(2016年01月21日)
  • 制作協力:okmusic UP's