エンタメ情報まとめ minp!

キングギドラが9年ぶりに集結! KGDR名義でチャリティー曲配信

K DUB SHINE、ZEEBRA、DJ OASISから成るHIP HOPグループ、キングギドラのメンバー3人が“KGDR(ケー・ジー・ディー・アール)”名義で制作したチャリティソング「アポカリプス ナウ」の先行配信が6月8日よりスタートする。

3月11日の東日本大震災発生後、約9年ぶりに集結した彼らが放つメッセージソングは、いま日本で次々と明るみになる問題に対しストレートなリリックで切りこんだ問題作。楽曲タイトルがあの映画『地獄の黙示録』の原題(Apocalypse Now=現代の黙示録)と同じであることを含め、過激とも言えるその内容に早くも大きな反響が寄せられている。

楽曲は6月8日dwango.jpでの先行配信を皮切りに、15日からiTunes Music Store、22日には一般配信がスタート。
また、KGDRは7月24日に東京・赤坂BLITZでチャリティライヴを開催し、楽曲とイベント双方の売り上げの一部を被災地復興支援のため寄付することを表明している。


【リリース情報】
KGDR(読み:ケー・ジー・ディー・アール)「アポカリプス ナウ」
[配信日]
2011年6月08日 dwango.jp うた/フル 先行配信
2011年6月15日 iTunes Music Store
2011年6月22日 レコチョク/他、一般配信

【ライヴ情報】
2011.7.24(日)@東京・赤坂BLITZ
東北地方太平洋沖地震・震災地復興支援イベント
KGDR LIVE 2011(仮・タイトル)

2011.9.18(日)@神奈川・横浜スタジアム
AIR JAM 2011

  • minp!音楽ニュース(2011年06月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's