エンタメ情報まとめ minp!

“仮面ライダーバース”テーマ曲「Reverse/Re;birth」囲み取材レポ!

テレビ朝日系で好評放送中の「仮面ライダーオーズ/OOO」に登場する“仮面ライダーバース”のテーマソングCD「Reverse/Re;birth」が7月27日にリリース。そのMusic Videoの撮影が行われました!

ヴォーカルを担当するのは、伊達明&後藤慎太郎を演じる岩永洋昭&君嶋麻那。歌唱は初挑戦の2人ですが、物語でも見せている絶妙なコンビネーションを楽曲でも披露しているとのこと。今回のMVでは、仮面ライダーシリーズ通算999回&1000回放送記念(オーズ27話&28話)で登場した“伊達組”が再結成。伊達監督による監修のもと、主演の後藤、アシスタントの里中と共に撮影が進められていくストーリーとなっています。スタジオではスタッフ全員が“伊達組”のTシャツをまとい、まさに一致団結した状態で撮影が進行。仮面ライダーファンにはたまらない仕上がりが期待されます!

そしてこの度、Music Videoの収録現場で行われた囲み取材のレポートが到着しています!

--------------------------------------------------------

仮面ライダーバーステーマソング「Reverse/Re:birth」Music Video 収録現場公開取材

会場名:東京都・練馬区 東映東京撮影所

登壇者:
伊達明役(岩永洋昭(31))
後藤慎太郎役(君嶋麻耶(23))
里中エリカ役(有末麻祐子(19))

Q:今回、お二人は歌唱初挑戦でしたが、いかがでしょうか?

岩永:正直、僕で大丈夫かと思いました。
でもこのような機会をいただけたので、出来る限り頑張ろうと思いながらやりました。

君嶋:歌うことはやってみたかったので、このような機会をいただけて嬉しかったです。
そしてその曲が岩永さんと歌でも共演が出来て良かったです。

Q:完成した曲を聞いてのご感想をいただけますでしょうか?

岩永:自分の曲を聞くとこっぱずかしいですね。
一人で聞いてもはずかしかったんですが、皆さんがいる前で大音量で流されてもっとはずかしかったですね。
悪くないんじゃないかな…いや、まだまだだな。(笑)

君嶋:収録している時は不安だったんですけど、完成した曲を聞くと、
意外と二人ともしっかり歌えているんじゃないかなと思いました。

Q:有末さんはお二人の曲は聞きましたか?

有末:まだ聞けてないんですよ。
物語の中で二人のコンビネーションが垣間見えるシーンがあると思いますが、
それが曲にも出ていると思うのですごく聞いてみたいです。
客観的に曲が楽しみです。

Q:今回、この曲のMV内で「伊達組」が1000回放送記念時以来の再結成となりましたが、前回との心境の違いなどはございますか?

岩永:最初に絵コンテを見させていただいた時はカッコ良く撮っていただけるんだろうなと
楽しみでしたね。1000回記念の時はお祭り状態なったんですが、
今回は良い意味で引きずらず、やってこれたんじゃないかと思います。
初めての事がたくさんあって手探りの状態でやってきましたが楽しかったですね。

Q:君嶋さんはMV内で疾走するシーンがあるなど、体力的にも大変だったと思いますがいかがでしょうか?

君嶋:すでに朝から走って筋肉痛です。(笑)
今回のMVは岩永さんもお話していましたが、良い意味で1000回記念の「伊達組」を引きずらずやってこれたと思います。
さらにMVでは後藤の心境、決意が表現されていると思います。

Q:有末さんはアシスタント役でのMV出演でしたがいかがでしたか?

有末:里中はいつも謎に包まれているんですが、今回見たいなラフな格好は新鮮でしたね。
1000回記念の時とは違った里中が出ていると思いますし、3人の新しい部分が垣間見えるんじゃないかと思います。

Q:「Reverse/Re;birth」の楽曲の印象を教えていただけますでしょうか?

岩永:二人の関係性、特に後藤の心情が表された曲だと思いましたね。

君嶋:曲は「バース」っぽい曲だなと思いましたね。
歌詞は後藤の成長を書いてくれているのかなと感じました。
ギターサウンドも印象深いのでそこも聞いて欲しいですね。

Q:レコーディングの手応えはいかがでしたか?

岩永:緊張しましたね。難しいなと思いましたし、歌うって深いなと思いました。
細かい所の指示などをいただいて「こういうもんなんだな」と感じましたね。
もともと歌う事は好きなので、来世は歌手になりたいと思ってます。(笑)

君嶋:僕は岩永さんの後にレコーディングだったんですけど、
「ちょっと、岩永さんの一回聞かせてもらってもいいですか?」と言って聞かせてもらいました。
それを聞いて「あっ、頑張ってるな〜」と思って、僕も頑張らなきゃと思いました。
レコーディングは途中休憩を入れながら何かも歌って「こんなに歌うんだな」と思いましたね。
演技とはちょっと違う体力が必要だと感じました。

Q:曲の聴きどころを教えて下さい。

君嶋:二人で歌い分けているパートが聴きどころだと思います。

岩永:そうだね。伊達と後藤の心情がそれぞれ入っているので、そこを聞いて欲しいですね。

Q:ライバルは誰だと思いますか?

岩永:ライバルというか、やはり映司&アンクのコンビに負けず、
僕達二人もバースチームとして、良い相乗効果を出していけたらと思ってます。

有末:じゃあ私は宇梶さんと歌おうかな。(笑)

Q:最後に「伊達組」として今後やってみたい事など、目標をお聞かせ下さいませ。

岩永:個人的にレコーディングでも緊張しましたが、皆さんが喜んでいただけるのであれば、
ぜひ皆さんの前でも歌ってみたいです。
さらに物語の中でも使用されていくと思うんですが、それを見た人達の心に残って、
このシングルも買ってもらえたら嬉しいですね。

君嶋:1000回記念では怒られ、今回は走らされと色々やらされているので、
今度は「後藤組」を結成して色々やってみたいです。

有末:里中は色んな場に出てきますが、そんな里中をこれからも気にしていただければと思います。
またこれからの物語でも新しい里中を見せることが出来ると思いますので、ラストスパートで頑張りたいと思います。

----

2011.7.27 ON SALE

伊達明&後藤慎太郎(C.V.岩永洋昭&君嶋麻耶)
「Reverse/Re;birth」


(C)2010 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

  • minp!音楽ニュース(2011年06月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's