エンタメ情報まとめ minp!

ビヨンセ、新作『4』から新たなシングル曲「ベスト・シング・アイ・ネバー・ハド」をフル公開

ビヨンセが6月29日にリリースするソロ通算4作目のニュー・アルバム『4』から新たなシングル曲「ベスト・シング・アイ・ネバー・ハド」がフル公開された(bit.ly/beyoSG2)。

この曲は、ビヨンセ本人とベイビーフェイスがメインに、アントニオ・ディクソン(ジャスティン・ティンバーレイク、ブリトニー・スピアーズ、ブライアン・マクナイト他)、パトリック・M・スミス(アッシャー、シアラ、クリス・ブラウン他)、シェイ・テイラー(ビヨンセ、ニーヨ他)R&B界の大物制作陣の共作によるビヨンセの新たな魅力がつまったラブ・ソング。サウンドや展開面での新しさ、美しさ、スケールの大きさ、表現力豊かなボーカルなど彼女の新機軸がギッシリと詰った楽曲で、これで新作からはリード曲の「ラン・ザ・ワールド(ガールズ)」<アメリカン・アイドル>でパフォーマンスした「1 + 1(ワン・プラス・ワン)」と計3曲がフル公開されたことになる。

制作に1年以上を費やし、ビヨンセ自身が心から楽しめる様々な音楽をミックスさせ、独創性溢れる新たなポップ・サウンドを実現したというニュー・アルバム『4』。日本では通常盤とCD2枚組の限定デラックス盤の2種類が発売され、初回盤は、日本限定でボーナス・トラックや「ラン・ザ・ワールド(ガールズ)」のビデオクリップ(CDエクストラ仕様)も収録し、特典ステッカーやふんだんに写真が使われた20ページを超えるブックレットも封入された豪華仕様になっている。

【リリース情報】
Beyonce|ビヨンセ
ニュー・アルバム『4』
2011年6月29日発売
初回生産限定盤[2CD] \2,940 SICP3185-6
通常盤 \2,310 SICP3187

  • minp!音楽ニュース(2011年06月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's