エンタメ情報まとめ minp!

オジー・オズボーン、30年前のアルバム リマスター盤が好セールスを記録

ヘヴィ・メタル界の大物オジー・オズボーンのソロ・デビュー30周年を記念し初期の2作『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』がオリジナル音源によるリマスター音源で発売された。

この2作品、録音時に当時メンバーと金銭トラブルで揉めていたことからオリジナルの音源を使用できず、ロバート・トゥルージロ(B)、マイク・ボーディン(Dr)によって“リズムのみ新録に差し替え”という前代未聞の方法で流通していたことでファンの間では知られているが、ボブ・デイズリー(B)、リー・カースレイク(Dr)が演奏したオリジナル・マスターテープの使用が復活し最新リマスタリングによって待望の復刻が実現。
さらに当時のギタリスト、ランディ・ローズの貴重な未発表音源や81年の「ブリザード・オブ・オズ・ツアー」ライヴ音源が多数収録されるなど30周年記念ならではのスペシャル盤となっている。

海外では5月に一足早く発売されていたこともあり「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン ライヴ・エディション」が5月30日付のオリコン輸入盤総合デイリーチャートに初登場でレディー・ガガに次ぐ2位を記録するなど早くも好調なセールスを記録しているが、さらに大反響を呼んでいるのが6月10日に通販限定で発売される『ブリザード・オブ・オズ/ダイアリー・オブ・ア・マッドマンー30周年記念豪華ボックス・セットー』。
レーベル直販サイトで18,460円の高額商品にも関わらず既に予約が殺到し<Sony Music Shop>内の洋楽予約ランキングで1位、在庫が早くも残り僅かとなっているとのこと。

このボックス・セットにはCDや復刻LPの他、オジーが発掘しその衝撃的なギター・プレイで瞬く間に世界のギター・ヒーローとなりながらもツアー中の飛行機墜落事故で25歳という若さでその生涯を閉じた伝説のギタリスト、ランディ・ローズの秘蔵ライヴ映像が初収録されている。また豪華ミュージシャン達が当時のオジーとランディの凄さを語るインタビューやオジー自身が「俺はコウモリとハトとアラモ砦だけじゃない」と語る通り、オジー・オズボーンのアーティストとしての魅力が詰まった作品となっている。

【リリース情報】
6月1日発売
「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説」(レガシー・エディション) 【1CD】最新リマスタリング、3曲追加収録、新ブックレット(12P) 
\1,995 (税込) EICP 1454

「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」(レガシー・エディション)【1CD】
最新リマスタリング、新ブックレット(12P)
\1,995(税込) EICP 1455

「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」(ライヴ・エディション)【2CD】【初回生産限定盤】
最新リマスタリング、LIVE 11曲(Disc-2)、豪華(24P)新ブックレット、デジパック仕様
\3,255(税込)EICP 1456-7

  • minp!音楽ニュース(2011年06月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's