エンタメ情報まとめ minp!

SPYAIR、約2時間に及ぶ熱いパフォーマンスで台湾初ワンマンが大盛況

SPYAIRが1月9日に台北のライブハウスATT SHOW BOXにて、台湾初のワンマンライヴ『SPYAIR LIVE in Taipei ~I'M A BELIEVER 2016』を開催した。

昨年夏、台中市が主催する野外イベント『Rock In Taichung』に出演。台湾初上陸にもかかわらずイベントのトリをつとめ、約7,000人のロックファンを熱狂させ、韓国に続き台湾での人気も実証済みのSPYAIR。

会場となったATT SHOW BOXは、市庁舎やオフィス、大型ショッピング施設が立ち並ぶ台北の新都心部にある人気ショッピングビルATT 4 FUN内にあり、国内の人気アーティストはもちろん、ロックバンドを中心とした海外アーティストのライブが頻繁に行われるなど、音楽のホットスポットとして注目が集まっている。

発売と同時にソールドアウトとなった今回のライブ。ラッキーにもチケット手にすることができたファンが、オープン前から会場前に集まり大いに賑わいを見せた。 稲妻音とともに暗闇の中から4人がステージに姿を現すと割れんばかりの大歓声が沸き起こった。

「ホワンインSPYIAR ダ ビァオインエン!(ようこそSPYAIRのライヴへ!)」と、中国語によるIKE(Vocal)の声が響き渡ると、“待ってました!”とばかりに場内から思い思いの声援が飛び交う。

大合唱となった「ROCKIN' OUT」ではIKEがステージを降りフロアをかきまぜ、「ファイアスターター」ではUZがラップパートを一部中国語に変えて披露するなど、のっけからステージとフロアの距離を縮める。

途中のMCでは、IKEが「僕らにとっての初めての台湾ワンマンライヴなんで、本当にすご、くすごくすごく楽しみにしていました。けどまだ僕らは台湾のこと少ししか知りません。 だけどこれからはもっとみんなとコミュニケーションを取りたくて、メンバーちょっと言葉を覚えてきたんだよ!」 と、メンバーそれぞれが覚えたての中国語を披露。 発音が悪く、言いたい事が上手く伝えられないKENTA(Dr)のトークでは、「あーーー???」と場内からツッコミが入り、 UZ(Gt&Programming)とMOMIKEN(Ba)の下ネタトークでは失笑混じりの大爆笑が巻き起こり、フロアをあたためた。

本編が終わりアンコールに応えて、再び4人がステージに姿を現すと、場内がハートマークで埋め尽くされるというサプライズが。IKEは「今日台湾に来れて本当に良かったよ。ありがとうね!国も違って、距離もあって、遠く離れると感じるかもしれないけど、俺らは台湾でこうして応援してくれるみんなと会ってしまったんで、 これからはみんなと一緒に音楽を作って、ライヴをやって行こうと思う。いつになるか分からないけど、たくさん台湾でライヴやりたいです!また戻って来ます!」 と台湾再訪を約束し、ライヴでおなじみの人気曲「SINGING」をファンと大合唱すると、 「ウォ アイ ニィメン!(みんなのこと愛してるよ!)」 とメッセージを残しステージを後にした。

今回は台湾での初ワンマンということもあり、名刺代わりのシングル曲を中心とした全18曲、約2時間に及ぶ熱いパフォーマンスを繰り広げた。

そして、明日1月13日には、昨年夏に富士急ハイラインドで開催された単独1万人野外ライブ『JUST LIKE THIS 2015』の模様を完全収録したライヴDVDが発売となる。 初回生産限定盤はフォトブックに加え特典DVD付きの豪華仕様となっている。

また、1月16日には東京・府中の森芸術劇場 (どりーむホール)を皮切りに、最新アルバム『4』を携えての全国ホールツアー『SPYAIR TOUR 2016 -4for-』がスタートする(全国10都市14公演)。

Photo by Alex Hong

  • minp!音楽ニュース(2016年01月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's