エンタメ情報まとめ minp!

超特急、ユースケがカナダで涙の成人式

人気グループ超特急のユースケが新成人を迎え、カナダのイエローナイフで"オーロラ"に願いをかけた。

「超特急ユースケ新成人プロジェクト!!」と名付けられたこの企画。実は20歳になったユースケには、メンバー・スタッフから壮大なドッキリが仕掛けられていた…。

昨年、マレーシアで写真集の撮影を行い、さらにはマレーシアの観光文化大臣より感謝状を授与されたりと、所縁のあるマレーシアで新成人を祝うと知らされていたユースケ。南国気分全開で飛行機に乗り込んだが、到着した先はなんと、極寒のカナダ! "希望と暁"と言われるオーロラに、新成人ユースケが超特急の願いをかけるという本当の企画を発表さたユースケはドッキリに驚きつつも、オーロラの聖地と言われるカナダのイエローナイフで犬ゾリ体験や、焼きマシュマロを食べたり、大滑り台でのダイブを思う存分堪能して楽しんできた。

また、家族や事務所の先輩であるヒャダインからの手紙、超特急メンバーからのメッセージを読み上げられ大号泣したユースケ。オーロラの地でユースケがかけた願いは、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ&アリーナツアーだった。

この模様はレギュラー番組「超D.プリカスZ」でOA予定。さらに、番組で紹介しきれなかった未公開カットや、ユースケと同行したディレクターしか知らない裏話などを絡めた配信番組も企画中。

【超特急 6号車ユースケ・コメント】
「イエローナイフはとても寒かったですが、それ以上の幸せを掴むことが出来ました!またオーロラをみて願ったことは、さいたまスーパーアリーナ!もしくはアリーナ級のライブを開通させること! その願いを叶えるために、これからも全身全霊で超特急で夢に向かって頑張っていきます!」

  • minp!音楽ニュース(2016年01月11日)
  • 制作協力:okmusic UP's