エンタメ情報まとめ minp!

ハンバート ハンバート、初のミニアルバムを7月にリリース

佐野遊穂、佐藤良成からなるアコースティックデュオ・ハンバート ハンバートが、ミニアルバム『ニッケル・オデオン』を7月6日にリリースすることを発表した。

前作7thフルアルバム『さすらい記』から約8ヵ月ぶり、初のミニアルバムとなる今作には、書き下ろしの新曲やメンバー両名による共同作詞であるリード曲「みじかいお別れ」などを含む全6曲を収録。ゲストとしてドラムの坂田学やのこぎりで音楽を奏でる“ミュージカルソウ”のサキタハヂメなど多彩なミュージシャンが参加しているほか、ジャケットイラストは漫画家・山本美希が描き下ろしているという。
初回盤特典には、限定ライヴの映像に加え、2人が金沢の魅力的なスポットを訪ね歩く様子を収めた「ハンバート ハンバート、いとしのまちへ 金沢篇」のDVDが付属する。

またこのリリースを受け、8月から10月まで3ヶ月連続で渋谷<CLUB QUATTRO>にてマンスリーワンマンライヴを開催することも決定。詳細は近日オフィシャルホームページ(www.humberthumbert.net/)にて発表される。


【リリース情報】
1stミニアルバム『ニッケル・オデオン』
2011年7月6日(水)リリース
初回盤:CD+DVD/UPCH-9654
通常盤:CD/UPCH-1318

[CD収録曲]
1.みじかいお別れ
2.夕べは俺が悪かった
3.君と暮らせば
4.桶屋
5.好きになったころ
6.おじさんと酒

[初回盤特典DVD収録内容]
『ハンバート ハンバート、いとしのまちへ 金沢篇』
*雑貨屋、ベーカリー、カフェなど、金沢の魅力スポットをハンバート ハンバートが訪ねる映像集。
*「おなじ話」「罪の味」「アセロラ体操のうた」などを収録したライヴ映像。

  • minp!音楽ニュース(2011年05月30日)
  • 制作協力:okmusic UP's