エンタメ情報まとめ minp!

「日々」以外も名曲揃い!吉田山田のおすすめ曲5選

NHKみんなのうたに楽曲「日々」が採用され、老若男女から愛されるようになったアーティスト、吉田山田。この曲ばかりが目立つ彼らですが、他にもおすすめの曲はたくさんあります。今回は「日々」を含めた5枚の音源をピックアップ。各曲の特徴をまとめたので、ぜひチェックしてみてください。


■素直な感謝を歌った曲「日々」

彼らを代表する楽曲が「日々」。おじいさんとおばあさんが昔を振り返りながら、これまで2人が歩んできた道のりを優しく歌う楽曲。曲中盤でおじいさんが病となるものの、そこからさらに2人が力を合わせて残りの人生を生きて行こうとする、心温まるストーリー展開となっています。最終的にその全ての日々を「幸せな日々」だとまとめています。
この曲は、NHKみんなのうたとして2013年12月と2014年1月の間に放送され、素朴な味わいのアニメーションとともに大きな反響を得ました。その後も、2014年2月及び4月にリクエストオンエア。素直な感謝の気持ちを歌ったこの曲は、日ごろの想いを大事な人に対してなかなか伝えきれない者にとっての救いの歌のような意味合いも持っています。吉田山田は一躍お茶の間から認められた人気アーティストとなりました。

■吉田山田の原点「ガムシャランナー」

さて、そんな吉田山田の原点が分かるのが、「ガムシャランナー」。彼らが2009年10月に発表したデビュー曲です。曲の歌い出しで「頑張れば夢は叶う」と言うものの、すぐに「ただ頑張るだけじゃ叶わない。」と打ち消してみるなどの自問自答を繰り返します。しかしサビでは「走れ走れ」と何度も呼びかけるように、最終的には勇気が無くて一歩踏み出すことができない者たちに送るエールソングとなっています。デビュー直後の、不安を感じつつもなんとか前に進んでいくしかないという彼らの心境が如実に表現された1曲であり、デビュー曲にふさわしい名曲だと言えるでしょう。

■成長が窺えるセカンドアルバム『ココロノート』

デビュー時で既に自分たちのスタイルを確立していた吉田山田。その成長が窺えるのが、セカンドアルバム『ココロノート』です。この作品に収録されている「約束のマーチ」は、彼ら通算4枚目のシングル。
吉田山田の作品は全て自分たちで作詞をしていますが、この曲も彼らの気持ちのこもった優しい歌詞世界が特徴的な、ハートフルな1曲です。また、5枚目のシングルとして発売された「カケラ」は、TBS系『マツコの知らない世界』のエンディングテーマ。人気番組のテーマ曲ということもあり、話題を集めました。これらのシングル曲を含んだ『ココロノート』はその名の通り、等身大の想いを素直に表現した吉田山田らしい作品に仕上がっています。

■セルフタイトルとなる3枚目のアルバム『吉田山田』

そして3枚目のアルバムが、自身のアーティスト名をそのままタイトルとした『吉田山田』。
ヒット曲「日々」も収められており、名実ともに彼らの代表作となりました。「魔法のような」は陽気な曲調の中でも幻想的な色合いも見せ、「メリーゴーランド」はせつない雰囲気の泣けるバラード曲としてファンから人気の高い一曲。全体として、幅広い音楽性を知らしめる作品となっています。

■記念すべき10枚目シングル「キミに会いたいな」

3枚のアルバムを経て、2015年6月に発売された彼らの記念すべき通算10枚目のシングルが「キミに会いたいな」。君に会いたいという気持ちをストレートに歌った一曲で、何度も聴きたくなるようなマスターピースです。

吉田山田は、吉田と山田の2人が紡ぎだすことばを大事に思いながら、丁寧に優しく歌いあげるのが特徴的。中高生を中心に支持が強いですが、大事なものを取り戻したいと思っている大人が聴くことにも価値があります。ぜひチェックしてみてください。

  • minp!音楽ニュース(2016年01月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's