エンタメ情報まとめ minp!

新曲発表スティーヴン・タイラー「エアロをクビになりツェッペリンに加入する寸前だった!?」

新曲「フィールズ・ソー・グッド」を配信限定でリリースしたエアロスミスのヴォーカル、スティーヴン・タイラーが、米音楽誌「ローリング・ストーン」のインタビューで、過去の病や薬物問題、離婚、エアロスミスの脱退騒動などの内幕を明かす衝撃の告白をし大きな反響を呼んでいる。

現在、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員としてもお茶の間に進出したスティーヴンだが、先日発売された自伝本の出版に合わせたインタビューで、ここ10年はC型肝炎を患い、喉の手術、さらには二度とステージに立てなくなるリスクもあったという足の病について初めて語った。さらに17年連れ添った妻との離婚や最愛の母との死別など心身的ストレスから薬物依存に陥り、彼のの子供が「父は死んでしまう」とある時期は確信したほどの深刻な状態だったという。

また一昨年あたりから何度となく報道されていたエアロスミス脱退説については、薬物依存の深刻さを理由に他のメンバーから「このままの状態なら、ヴォーカルをレニー・クラヴィッツかポール・ロジャースに変えるからな」と通達されていたことも今回初めて明らかにした。
一方でスティーヴン自身も他のメンバーに嫌気がさし2008年にはレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジに誘われて、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジェイソン・ボーナムらとスタジオに入いりライヴや新曲のレコーディングの計画があったという。

この一連の“告白”から一時期ゴシップとして報道されていた、スティーヴンのエアロ脱退〜レニー・クラヴィッツのメンバー入り、さらにはスティーヴンのレッド・ツェッペリン加入という情報が事実であったことが裏付けられたが、彼自身「(エアロスミスの)メンバーに悪い」と思い直し、ジミー・ペイジに断りを入れ全てが収束に向かった。そんな紆余曲折を経た現在のエアロスミスだがニュー・アルバムの制作にも取り掛かり、スティーヴンが俳優のジョニー・デップと一緒に曲作りをしているニュースも話題だ。

本日デジタル・リリースされる新曲「フィールズ・ソー・グッド」は想像を絶する幾多の困難を乗り越えてきたスティーヴンの軽やかで圧巻のパワーを感じられる超ポップなロック・ナンバー。タイトル通りの絶好調を感じさせるラストの超高音シャウトなど必聴の一曲となっている。

【リリース情報】
スティーヴン・タイラー
「フィールズ・ソー・グッド」
2011年5月25日 配信限定発売

  • minp!音楽ニュース(2011年05月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's