エンタメ情報まとめ minp!

寒さが厳しくなるこの季節にぴったり!雪うた特集

今年は暖冬とはいえ、随分と寒くなってきましたね。こんな時、聴きたい曲はどんな曲ですか?今回は冬だからこそ是非聴いてほしい雪うた、としましてオススメを5曲ご紹介したいと思います。寒い冬に心が暖まる名曲が盛りだくさんです。

■季節にピッタリ!至極のバラード

最初にご紹介するのは、GReeeeNの「雪の音」です。タイトル通り、雪の季節にピッタリなこのバラードはこの季節にこそ聴いてほしいラブソングになっているのです。サビの部分で歌い上げる力強さと、そしてなおかつ切ないメロディが心を打つ楽曲なんです。
GReeeeNの曲はラブソングになるとピュアな恋愛が多いイメージがないですか?今回のこのバラードも同じようにピュアな恋愛が描かれています。今の季節にマッチした曲風でイントロが流れた瞬間に感動してしまうことでしょう。切なく、それでいて素晴らしい愛の形を描いた「雪の音」に何度も何度も聴いてしまうことになるのではないでしょうか?GReeeeNが大好きという人も、そうでない人も聴いてみるともう一度GReeeeNの魅力を確認できる一曲になっています。

■雪!冬!とくればこの曲です!

次にご紹介するのはGLAYの「Winter, again」です。きっと知らない人はいないというぐらいGLAYを代表する曲ですよね。冬の切なさを丁寧に歌い上げた曲になっています。
随所に恋人と、雪との思い出が詰まっている曲で寒さを感じながらも恋人との温かな思い出が盛り込まれているのです。サビの「いつか2人で行きたいね」からのメロディはそこまで押さえてきた感情が一気に溢れだすかのように盛り上がり、ここをカラオケで熱唱してしまった、なんて人も多いのではないでしょうか?寒いこの季節に是非とも「Winter, again」を聴いて一緒に口ずさんでみませんか?

■雪の季節を彩るハートウォーミングな物語

次にご紹介するのは、BUMP OF CHICKEN「スノースマイル」です。ジャケットも雪の結晶を前面に押し出している雪の季節には聴いておきたい一曲になっています。
他のバンドにはないBUMP OF CHICKENの独特の世界観と、あの歌声、そしてメッセージが込められた一曲になっています。不安や悩みを繊細に綴った歌詞、しかしそれとは全く正反対のようなストレートなバンドサウンド、そして鐘の音。それぞれがまるで音の結晶のようにあなたの耳に舞い降りてきます。
歌詞の内容は最初はとても素敵な恋人同士の話なんですが、結末に続いていくと共に切ないストーリーへとなっていくのです。初めて聴いた人はもしかしたら泣いてしまうような名曲です。しかしその中は「悲しさ」だけではなく、恋人への「愛しさ」と「優しさ」が十分に詰まっていて聴いたことを後悔するような楽曲にはなっていません。そんな魅力に溢れたこの一曲を是非何度も何度も聴いてみてください。聴くたびにきっと新しい発見が詰まっていますよ。

■真っ白な歌声が雪を思い浮かべる曲

次にご紹介するのは、中島美嘉「雪の華」です。中島美嘉さんを有名にした歌と言えばこの歌!と思われた人も多いのではないでしょうか?彼女の透き通るような歌声と、切ない歌詞の内容にきっと誰かと寄り添いたくなるような一曲になっていますよ。聴いていて心に染みわたるような切ない歌ですが、しっかりとした「愛の歌」となっていますよ。

■雪舞う夜には聴きたくなる曲

最後にご紹介するのは、桑田佳祐「白い恋人達」です。このタイトルを聴くと英語の歌を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?名曲ですよね。しかしそれに勝るとも劣らないのがこの桑田佳祐さんの「白い恋人達」です。彼のワールド全開で、それでいて切ない冬の歌を歌っています。聴いていて思わず涙がこぼれてしまうような名曲ですよ。

寒いこの季節だからこそ、切ない歌が多いものです。しかしそんな切ない歌を聴きながら温かい部屋で大切な人と過ごすのも至極の一時ですよね。是非、あなたの大切な人と雪うたを聴いて愛を再認識してくださいね。

  • minp!音楽ニュース(2016年01月05日)
  • 制作協力:okmusic UP's