エンタメ情報まとめ minp!

「BATTLE ARENA in BUDOKAN」、5時間30分の熱狂バトル!

12月27日(日)に日本武道館にて、MUCC、シドらが所属する音楽事務所MAVERICK DC主催のイベント「BATTLE ARENA in BUDOKAN」が開催された。

第一試合、第二試合、メインイベント、と2バンドごとの対戦方式で展開するユニークなスタイルのイベント。ボクシングのリングに見立てたステージ、向かって右手は赤、左手は青に彩られ、タイトルマッチの様相を呈していた。

第一試合のゴングが鳴らされたのは午後3時。バンド紹介映像に続き、新世代ヴィジュアル系を牽引するユナイトとカメレオが、リングサイドに控えるボクサーのごとく、対決相手への闘志を漲らせる映像が映し出される。Takashi(G/カメレオ)の捨て身のギャグに冷ややかな反応を見せるユナイトの面々が映し出されると、「勝者=ユナイト」と、試合前から判定が出て、会場には笑いが起きた。「どちらがお客さんを笑顔にできるか」(HIKARU./カメレオ・Vo)対決は既に始まっていたのである。まずは、赤コーナーでカメレオのステージが開幕。メンバーは羽織袴で、カメレオンの頭部が描かれたパネルをお面として装着。キラキラとしたポップナンバー「パリピポ」で、彼らの持ち味である陽性のバイブスで武道館を満たして行く。「楽しんだもん勝ち!」とのHIKARU.の言葉通り、続く「デビルくん」は、中盤からンバー全員が一列に並んで振り付きで歌い踊る、というバンドの概念すら覆す自由過ぎるステージを展開し、度肝を抜いた。

そんなお祭りムードから一変、青コーナーにはユナイトが登場。結(Vo)の独唱から「美空結び」がスタート。続く「君は知らない」も含め、哀愁を帯びた美しいメロディーで切なさを全開に放出し、会場の空気をしっとりと塗り替えて行く。すると、再び赤コーナーが照らされ、「武道館全員で折り畳んで行こうぜ!」(HIKARU.)の掛け声でライヴの定番曲「ニート姫」へ。メンバーはカラフルな法被を纏い、ピンクのワンピース姿の女性ダンサーと宅配ピザの配達員に扮した男性ダンサーによる寸劇(?)を盛り込み、賑やかに盛り上げる。通常はポテトチップスを客席に投げるのがこの曲の定例なのだが、この日は特別に、曲間で大抽選会を実施。メンバー全員で7時間かけて作ったという抽選の札から1枚を抜き取り、ディズニーランドのペアチケットをプレゼント。歓喜する当選者が映し出されると会場からも拍手が贈られた。扇子を小道具に華々しく盛り上げた「ダメ男」、全員でヴォーカルを執りダンサーも交えて歌い踊りながらリスナーへの感謝の気持ちを率直に歌った「万歳\(・∀・)/Music!」と、どこまでも楽しく、エンターテイナー精神を発揮してトップバッターとしての務めを果たしたカメレオだった。

対するユナイトは、結の「それでは、武道館にお集りの皆さん、いただきます」に始まり「ごちそうさまでした」で優雅に終わるアッパー・ダークナンバー「ice」で、会場にヘッドバンギングの嵐を巻き起こした。美しくうっとりとするようなメロディーラインと、激しく緻密な演奏で、バンドの実力を見せつける。歌詞に合わせた“ホームラン"のジェスチャーや“おやすみ"でステージに寝そべるメンバーのアクションも交えた「WONDER f∞l PEOPLE」では、明るく愉快に。「ここにいる皆さんが笑顔になるのを見たくて」との言葉から、メロディアスなサビが抜群の起爆力を誇る「small world order」を放ち、フィニッシュ。

先攻のカメレオ(骨折したかのように、腕を押さえて登場)を“戦友"と結は紹介して招き入れた。敵味方の区別なく一列に混じりあって並び、観客に挨拶。それぞれのやり方で観客を笑顔にした、60分一本勝負だった。

転換を待つ間、赤と青の両コーナーからドラムのサウンド・チェック音が打ち鳴らされ、開始前から高まるバトル感に浸っていると、スクリーンには第二試合の2組、ギルガメッシュとDIVのメンバーの映像が流れ始めた。「(ヴィジュアル系は)自由なシーンだと思うので。」(左迅/ギルガメッシュ・Vo)といった真剣な語りでは歓声を巻き起こし、「ヴォーカルの子(CHISA)、超かわいい」(Яyo/ギルガメッシュ・Dr)といったコメントには笑いが起きて、同じ事務所同士のバトルならではの“何でもアリ"なムードが会場を大いに湧かせていた。

赤コーナーのDIVは「イケナイKISS」で幕開け、電子音とメタル的なギター・カッティングの融合したサウンドで先攻。「最上級のリスペクトを込めて、ギルガメッシュを全力でぶっつぶしていくぞ!」(CHISA)と、勢いに乗るニューカマーらしく宣戦布告。エレクトリック・ビートがしなる「LOVE IS DEAD」で会場を掻き混ぜると、続くクリスマス・バラード「STORY」ではしっとりと、ロマンティックに。「俺たちDIVとして初めてできた曲」(CHISA)との紹介から、武道館の舞台で彼らの“はじまりの曲"「ANSWER」を放ち、のけぞるようにしてスクリームする荒々しいCHISAの歌声で圧倒、ロックバンドとしての底力を示した。

余韻に浸る隙もなく、赤いライトが明滅し始めた青コーナーのステージでは、ギルガメッシュは「Go ahead」を奏で始めた。ファルセットとスクリームを自在に行き来する左迅の歌声に、瞬時に惹き込まれる。「patchwork」では呪術的なスクリームで圧倒、観客もこぶりを突き上げて会場全体が滾っていたが、ブレイクの静寂で「もう皆、ケンカはやめようよ!」とЯyoがマイクなしで叫ぶ一幕には、笑いが。左迅はMCで、8年前に初めて武道館のステージに立った際の緊張や、MUCCの逹瑯に高いステージから何度も突き落とされそうになったこと、入場したらマイクがなかったことなど、珍事件を振り返って笑わせながら、「ライヴハウスでやっているように、いつも通り」という心持ちを語り、「ライヴハウス武道館!」とのスクリームから、「Drain」へ。重いビート感、身体にズシズシと迫り来る音圧がすさまじい。会場中で鳴らされるハンド・クラップと共に軽やかに披露した「INCOMPLETE」を終えると、再び赤コーナーに移り、「武道館を夏一色に染め上げようぜ!」(CHISA)とDIVが「夏の行方」を投下。キャッチーな歌メロは、観客のタオル回しする光景と相まって、会場を明るく照らして行った。第二試合を締め括るのは、ギルガメッシュ。「バンド結成して11年目なんですけど、つらいことも苦しいこともたくさん経験して……今日のこの景色を見られたから、また来年(2016年)命がけで頑張って行こうと思えました、ありがとう!」(左迅)と力強く語り、ライヴを盛り上げるテッパン曲「evolution」を放ち、会場に「Oi,oi!」コールを巻き起こした。興奮のあまりか、客席とステージを隔てる手すりに飛び乗る驚きの行動に出た愁(Ba)も、弐(G)も、最後はЯyoの周りに集まって呼吸を合わせて音を鳴らし、「ギルガメッシュとDIVでした!」(左迅)との挨拶で試合終了。キャリアは異なるが、共に、生のバンドサウンドとデジタルを融合させた2組の、それぞれの“今"が詰め込まれた対決だった。

ゴングが何度も鳴り響き、いよいよ始まったメインイベント。幕が振り落とされると、ステージの床は青と赤にパッカリと左右に分けられて、リングアナがメインイベントの開催宣言。まずは赤コーナーからシドが入場、「エール」で明るく幕開ける。マオ(Vo)は、先ほどまでの対決では赤コーナーのステージとなっていたエリアを花道として歩み出て、早速ファンとのコミュニケーションを図っていた。

続いて、青コーナーにMUCCが入場。メンバー名を叫ぶコールも一瞬止んだ静寂の中、美しい空の映像をバックに「睡蓮」を披露、一気にディープな世界へと引き込む。音が止んだ直後、赤コーナーのシドの攻めが再開し、「漂流」を披露。この青・赤コーナーの切り替えはあまりに鮮やかで、感嘆せずにはいられなかった。

「運命の人」、そして「V.I.P」と、シドらしい洗練されたロック・サウンドで、どこまでも軽やかに、爽やかな風を武道館に吹き込んで行く。「うちのMAVERICKグループは、たくさんの皆さんに愛されてるな、と。MAVERICKのファンの子はかわいいね、ここ(胸元を指す)がね。ここ(顔)はグチャグチャじゃん?」とマオは冗談めかせて語り、メイクが崩れて眉毛がない状態で帰るぐらいに、「最終的にはグッズで眉毛を売れるようになるまで頑張ってください(笑)」とのMCで笑わせてから、「hug」を披露し、聴き入らせた。最後に自身をハグするように両腕を回すと、続く「ハナビラ」ではイントロのオルガン音だけで大歓声が起き、花弁が舞い散るイメージ映像も相乗効果を奏しながら、美しく織り成されたバンド・アンサンブルで観客を陶酔させる。Shinji(G)のガットギターのソロも、1音1音から想いが零れて来るようだ。長く声を伸ばして歌い終えたマオが「どうもありがとう」と述べると、間髪入れず青コーナーではMUCCが「THE END OF THE WORLD」を鳴らし始め、大きなどよめきが起きた。都会の雑踏を映しだすモノクロの映像を背後に、メッセージ性の強い歌をヘヴィなサウンドに絡めて届けた。「騒いじまってもいいかい? かかって来いや!」(逹瑯)の声を合図に「ENDER ENDER」へ突入。文字が倒して配された「断絶」など、歌詞を抜き出した言葉が意味ありげに映しだされる中、言葉の意味からは離れて本能を解放するかのようにメンバーも観客も荒れ狂い、「G.G」へと繋げた。逹瑯は「同じ事務所じゃないとこんなライヴできなくない? 普通の対バンとも、イベントとも全然違う」「今日しかないから」とこのイベントの意義に想いを馳せる。MUCCを「おっかない、もっと怖いバンドだと思ってた」(逹瑯)ような初見のお客さんに向けた聴きやすい選曲を心掛けたそうで、「聴きやすい曲の代表曲」として放ったのは、「NIRVANA」。続けて、クリスマスイブに、ファンへの感謝を込めてサプライズで無料配信(※1/5まで)「ブリリアントワールド」を披露。友との突然の別れをテーマに綴られた歌詞を、雪が舞い散る映像をバックに、情感のこもった歌唱で逹瑯はつぶさに表現して行く。

ここで、シドのメンバーを呼び込んで8人勢揃いでのMCコーナーがスタート。逹瑯とゆうや(Dr)が進行を務め、事前アンケートでお互いの“嫌いなとこを"を一人一人につき記入し、それについてトークするという内容。明希(Ba/シド)がミヤ(G/MUCC)の家に行くと必ずエアコンが壊れること、飲み会で酔ったYUKKEがシドの「御手紙」を「マオくんより上手に歌える」と言ったら真顔で否定された(と思い込んだ)のがトラウマになっていること、逹瑯は、ラーメンに詳しいShinjiが「おいしいラーメン屋さんを教えてくれない」と不満に思っていることなど、メンバーの素顔が垣間見えるネタが続出。SATOち(Dr/MUCC)の嫌いなところは「かわいいところ。憎い」、逹瑯は「本当は優しい。シドを事務所に入れてくれたのも逹瑯さん」などの褒め殺し戦法に出たマオを、逹瑯は「ズルい! こういう方式で来た」となじりながらも、2バンド合同で演出を作り上げて来た時間の蓄積を感じさせる笑いの絶えないコーナーとなり、予定時間を大幅に超過して盛り上がった。

後半のシドは「循環」で幕開け、代表曲「妄想日記」と2曲続けてスカのリズムで会場を湧き立たせていき、「結婚しよう」(マオ)の殺し文句から「プロポーズ」を放った。続けてMUCCは「オルゴォル」をひりつくようなダークに、ピアノの旋律が美しい「流星」では全身全霊の歌声を響かせ、「娼婦」では再び暗黒面を叩きつける。続いて、ボクサーが至近距離で打ち合うようなスピード感で、シドは「one way」、続けてMUCCは「FUZZ」を披露。

それでも未だ決着がつかない、とでも言うように、シドが「眩暈」を畳み掛け、パンチを繰り出すようなアクションをマオが実際に見せると、返す刀でMUCCが「蘭鋳」を放つ。「今日はいい機会だ」「今まで“マオにゃん、マオにゃん!"言ってたシドファンが、違う男にいいようにされとる。“これは取り返さなあかん!"と思うと、シドは次、もっといいライヴをします。バンドマン嫉妬作戦(笑)」と曲間で逹瑯は語り、全員を座らせた後にSATOちのカウントに合わせてジャンプする、「蘭鋳」恒例の場面を熱く盛り上げた。

最後、MUCC側のコーナーカラー・青とシド側の赤が混ざり合い、融和してこの上なく美しい朝焼けのような空がスクリーンに映し出される中、全員合同でMUCCの「TONIGHT」、シドの「Dear Tokyo」を歌い奏でた。バンドの垣根を越えてコーラスで声を揃えたり、互いに向き合って演奏したりと、和やかな空気感に包まれる中、銀テープが噴出。明希がSATOちにベースを託す場面も見られ、微笑ましかった。「よいお年を!」(逹瑯)、「思った100倍以上楽しめた。今日はありがとう!」(マオ)とメンバーは笑顔でステージを去り、1年を締め括る宴は終幕した。対決方式というユニークな演出に基づき繰り広げられた本イベント。火花を散らし合いながらも互いへのリスペクトもひしひしと感じられ、同じ事務所に所属してシーンを盛り上げるべく共に戦おう、という熱意が伝わってくる、濃密な5時間30分だった。

text by 大前多恵
photo by 今元秀明、西槙太一

■「BATTLE AREANA」 オフィシャルHP
http://www.maverick-dci.com/battlearena/
■オフィシャルHP
・MUCC http://www.55-69.com/ 
・シド http://sid-web.info/
・ギルガメッシュ http://www.girugamesh.jp/ 
・ユナイト http://www.unite-jp.com/  
・カメレオ http://www.kameleo.jp/ 
・DIV  http://www.div-official.com/ 

【セットリスト】

■第1試合 ユナイト vs カメレオ
M1.パリピポ / カメレオ
M2.デビルくん / カメレオ
M3.美空結び / ユナイト
M4.君は知らない / ユナイト
M5.ニート姫 / カメレオ
M6.ダメ男 / カメレオ
M7.万歳\(・∀・)/Music! / カメレオ
M8.ice / ユナイト
M9.WONDER f∞l PEOPLE / ユナイト
M10.small world order / ユナイト

■第2試合 ギルガメッシュ vs DIV
M1.イケナイKISS / DIV
M2.LOVE IS DEAD / DIV
M3.STORY / DIV
M4.ANSWER / DIV
M5.Go ahead / ギルガメッシュ
M6.patchwork / ギルガメッシュ
M7.Drain / ギルガメッシュ
M8.INCOMPLETE / ギルガメッシュ
M9.夏の行方 / DIV
M10.evolution / ギルガメッシュ

■メインイベント MDC世界V級タイトルマッチ MUCC vs シド
M1.エール / シド
M2.睡蓮 / MUCC
M3.漂流 / シド
M4.運命の人 / シド
M5.V.I.P / シド
M6.hug / シド
M7.ハナビラ / シド
M8.THE END OF THE WORLD / MUCC
M9.ENDER ENDER / MUCC
M10.G.G. / MUCC
M11.ニルヴァーナ / MUCC
M12.ブリリアント ワールド / MUCC
M13.循環 / シド
M14.妄想日記 / シド
M15.プロポーズ / シド
M16.オルゴォル / MUCC
M17.流星 / MUCC
M18.娼婦 /MUCC
M19.one way / シド
M20.ファズ / MUCC
M21.眩暈 / シド
M22.蘭鋳 / MUCC
M23.TONIGHT / MUCC & シド
M24.Dear Tokyo / シド & MUCC

  • minp!音楽ニュース(2015年12月29日)
  • 制作協力:okmusic UP's