エンタメ情報まとめ minp!

近藤晃央、年内最後のワンマンにてアルバム発売&全国ツアー開催を発表

近藤晃央が年内最後となる『ACOLOGIA Vol.6』をshibuya duo MUSIC EXCHANGEにて開催! 2016年春のアルバム発売、そして6月に全国ツアー開催する事を発表した。

今回は、スペシャルゲストにヴァイオリニスト・NAOTOを迎えてのステージ。アーティストとしての活動に留まらず、多数のレコーディングに参加。ポルノグラフィティのライブサポート等でも活躍し、テレビドラマ「のだめカンタービレ」では、のだめオーケストラの選考オーディションから携わり、吹き替え演奏だけでなく自身もドラマに出演。劇中の楽曲提供も行なうなどマルチな活躍をされているNAOTOのヴァイオリンに、チェロも入った7人編成での豪華なラインナップでのパフォーマンスとなった。

1曲目はドラマ主題歌にもなった「あい」からスタート。「ACOLOGIAへようこそ。近藤晃央です! 今日は今までで一番豪華な編成です。贅沢な時間を堪能してください。」というMCの後、代表曲「らへん」を含む2曲を演奏。さらにUPテンポな「わらうた」を含む6曲を演奏。バンドメンバーがステージから降りると、「弾き語りの原点、初心に帰って、せつないラブソングを歌いたいと思います。」というMCの後、未発表曲の「恋文」を生ギター1本でせつなく歌い上げた。

後半戦はまたバンド演奏タイム。「ブラックナイトタウン」の後、「ライブでストリングスに入って頂くのは今回が初めてなのですが、初めてがこんな素晴らしい方で良いのでしょうか…。昨日もスタジオにいらっしゃるだけで、スタジオが明るくなる、そんな太陽のような人です!」というMCの元、NAOTOを再び呼び込むと、「テテ」「心情呼吸」2曲の代表曲を歌い上げ本編を終了した。

アンコールはNAOTOのヴァイオリンソロから、デビュー曲の「フルール」へ。2階席からシャボン玉が降って来る、そのシャボン玉が照明に光る美しい演出で客席を魅了した。「幸福論」をコーラス、ピアノだけで聴かせた後、アンコール最後の曲は未発表曲の「ともしび」。マイクを離し、ギターもアンプを通さず、生ギターと生声だけで、魂を込めてじっくりと歌い上げ大歓声の中ライブは終了した。

その直後、スクリーンに「緊急告知」の文字が。その映像で2016年春の2ndアルバムの発売と、2016年6月の全国ワンマンツアーの開催が発表され、会場は大歓声に包まれた。アルバム、全国ワンマンツアー共に、2013年ぶりと約3年振りの待望の開催となる。

大晦日にはZIP-FM COUNTDOWN FESTIVAL from LAGUNA TEN BOSCHに出演。さらに2016年元日からは東海ラジオでのレギュラーコーナーもスタートする。2016年の近藤晃央の躍進に大いに期待して欲しい。

Photo by 鈴木さゆり 

【ライブ情報】

『ZIP-FM COUNTDOWN FESTIVAL from LAGUNA TEN BOSCH』
12月31日(木) ラグーナテンボス ラグナシア・ラグーナビーチ
MUSIC NAVIGATOR:南城大輔/白井奈津
出演:SEAMO/nobodyknows+/Da-iCE/CODE-V/lol/ベリーグッドマン /近藤晃央/WHITE JAM/侍
http://www.lagunatenbosch.co.jp/laguna/cd/

『狂宴 #01〜近藤晃央×指田郁也 2MAN SHOW〜』
2月04日(木)  shibuya eggman  
開場:18:30  開演:19:00

『近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR』
6月04日(土)  福岡:ROOMS
6月12日(日)  大阪:梅田シャングリラ
6月18日(土)  東京:キネマ倶楽部
6月19日(日)  名古屋:ボトムライン

  • minp!音楽ニュース(2015年12月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's