エンタメ情報まとめ minp!

フジロック出演のマーク・リーボウと偽キューバ人たち単独公演決定

最近ではノラ・ジョーンズのバックバンドに起用されたことでも知られるリーボウ。ニューヨークのダウンタウン・ジャズ・シーンの最重要ギタリストの一人と知られ、これまでにトム・ウェイツ、エルヴィス・コステロ、エルトン・ジョン、ジョン・ゾーン、ロバート・プラント、矢野顕子、メデスキ・マーティン&ウッドなど名だたるミュージシャンたちの作品へ参加している。

「偽キューバ人」と敢えて名乗る<Marc Ribot Y Los Cubanos Postizos>は彼の重要プロジェクトの一つで98年のデビュー作、続く『!ムイ・ディベルティード!』(2000年)といった傑作アルバムで、キューバ音楽を独自の解釈で演奏し高い評価を得ている。

チケットは6月1日(水)正午より主催の<hillstone>(www.hillstone.jp/)のサイト内で先行発売を開始。オフィシャル先行予約対象者に関しては送料・手数料無料。詳細は後日発表する。


<Marc Ribot Y Los Cubanos Postizos JAPAN TOUR 2011来日予定メンバー>
Marc Ribot - Guitar, Vo
Anthony Coleman - Keys
Brad Jones - Bass
EJ Rodriguez - Percusiion
Horacio"El Negro"Hernandez - Drums

  • minp!音楽ニュース(2011年05月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's