エンタメ情報まとめ minp!

嵐が歴代最多5度目の音楽ソフト総売上年間1位を獲得「作品を記憶に残していただけるように努力していきたい」

2015年度「第48回オリコン年間ランキング」(集計期間:2014年12月22日付~2015年12月21日付)の「アーティスト別トータルセールス(ATS)」部門にて、“嵐”が前年を上回る143.3億円(前年138.2億円)を記録し、年間1位を獲得したことが明らかになった。


ATSは、今年度における音楽ソフト(シングル・アルバム・音楽DVD、音楽Blu-ray Disc)の総売上金額を集計したもの。嵐のATS年間1位は、2009年、10年、13年、14年に続いて通算5度目で、13年より3年連続。通算5度の同部門1位獲得は、昨年に通算4度で並んでいた中森明菜(1983、85、86、87年)の記録を28年ぶりに上回る快挙で、男女グループ・ソロを含めた全アーティストの中で歴代トップとなった。

また、アルバム『Japonism』(10月発売)が期間内売上98.2万枚を記録した嵐は、2013年の『LOVE』以来、2年ぶり通算5度目の「アルバムセールス(アルバム部門作品別売上枚数)」年間1位を獲得。通算5度の同部門1位もATS部門と同様にアーティスト歴代トップとなっている。

さらに嵐は、音楽映像作品の各部門も席巻。DVDは「ARASHI BLAST in Hawaii」(4月発売:期間内売上36.1万枚)が「ミュージックDVDセールス(ミュージックDVD部門作品別売上枚数)」年間1位となり、2009年の「5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009」から7年連続となる同部門1位を獲得し、自身の持つ歴代最高同獲得記録を更新した。

そして、BDの方も「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」(7月発売:期間内売上31.4万枚)が、「ミュージックBDセールス(ミュージックBD部門作品別売上枚数)」年間1位となり、昨年の「ARASHI Live Tour 2013“LOVE”」に続き2年連続、通算2度目の1位獲得。同部門2年連続1位は、2009年より発表がスタートした同ランキング史上初となる。

嵐は上記4部門に「作品別ミュージックDVD売上金額」と「同BD売上金額」、「アーティスト別ミュージックDVD売上金額」と「同BD売上金額」、そして音楽DVDとBDの期間内売上を合算集計した「作品別総合ミュージックDVD・BD売上枚数」と「同売上金額」に「アーティスト別総合ミュージックDVD・BD売上金額」の各部門を加えた、新人賞3部門をのぞく全16部門中11部門を制覇。昨年自らが打ち立てた“10冠”を上回る“11冠”という前人未踏の快挙を達成した。

※オリコン調べ(oricon.co.jp)

<嵐のメンバー5人の喜びのコメント>

●相葉雅紀さん
本当に、たくさんの方々に嵐の音楽を楽しんでいただけたことが、とても嬉しいです。
2016年も変わりなく、皆さまに楽しんでいただける音楽をお届けできるよう、一つ一つ全力で取り組みたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

●松本潤さん
2015年は、アルバム『Japonism』を通して、これまでの嵐を見つめ直す1年となりました。
嵐の16年間、そして“今”を考える時間が多かったように感じます。
今年制作した嵐の音楽作品を多くの方々が聞いて、見て、共感してくださっているとしたら、これほど嬉しいことはありません。
記録を作ることが目標ではありませんが、このような結果を受け、とても嬉しく思っています。
この度の受賞に満足することなく、これからも一人でも多くのお客様に喜んでいただけるよう、また嵐の作品を記憶に残していただけるように努力していきたいと思います。
2015年は大変お世話になりました。2016年も嵐をよろしくお願いいたします。

●二宮和也さん
このたびの受賞は、聴いてくださった方々のお蔭と心から思っております。
応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます!
来年は、今年以上に頑張り、楽しい思い出をたくさん作っていきたいと思います!!
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

●大野智さん
デビューしてから16年、ここまでたくさんの音楽活動、作品を作ってこられたのは、本当に皆さんのお蔭でしかなく、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
2015年は、宮城でのコンサート、そしてアルバムツアーをやらせていただき、今までにない新しいパフォーマンスもできたので、充実した一年となりました。
そして2016年も、音楽を通して、ファンの皆さんの記憶に残る作品を作っていけたらと思っています。
これからも嵐を是非よろしくお願いします!

●櫻井翔さん
嵐は、我々五人がメンバーではありますが、楽曲をご提供くださる作家さん含め、数多くのスタッフに支えられています。
この度、自分たちも驚くほどの記録をいただくことができましたのは、ひとえに応援くださるファンの皆様のお蔭と、嵐に関わる沢山のスタッフたちを代表して御礼申し上げます。
また、日頃より記録を目標に活動しているわけではございませんが、だからこそ、思い掛けない受賞を、喜ぶスタッフたちと共に、とても嬉しく感じております。
このような栄えある賞を、来年2016年のさらなる成長への励みとし、より一層、多くの方々に楽しんでいただけるよう活動していきたいと思います。
作品を手に取ってくださったすべての皆様に多くの感謝を込めて。

  • minp!音楽ニュース(2015年12月23日)
  • 制作協力:okmusic UP's