エンタメ情報まとめ minp!

Revoコメントも! Sound Horizon 7th Story Concertが3D上映中!

4月29日より全国19カ所の劇場にてチャリティー上映中の『「Sound Horizon 7th Story Concert「Marchen」〜 キミが今笑っている、眩いその時代に… 〜」劇場用スペシャル3Dバージョン』より、5月8日(日)TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7にて行われた舞台挨拶のコメントが到着しました!

当日は、Sound Horizonの世界観の具現化とその進化を司るRevoのほか、吉川英明監督が登壇。作品に対する思いやメッセージが語られた、まさにファン必読の内容となっています!

--------------------------------------------------------------------------------

【日程】5月8日(日) 10:50〜11:15
【場所】TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7 (東京都港区六本木6-10-2)
【登壇者】Revo(Sound Horizon)、吉川英明監督  【MC】Sascha

Revo:Revoです。よろしくお願いします。生きてました。この間に、いろんなことがありましたが、よかったね、みんな生きてて。これからも生きていきましょう!がんばっていきましょう!今日はよろしくお願いします。

MC:先ずは陛下、今回の改めて映像や作品自体のコンセプトを教えてください

Revo:サウンドホライズンとして新たな世界観として魅力を伝えられたらいいなというものがありまして、それを実際ステージでやるべきですから、どういう風にそのビジュアルライツしようかという事も含めて、取り組んだものなので、そういうものがあるなという手応えを感じてもらえれば嬉しいなと思ってそれでまたこういう感じで3Dとしてできるわけですから、臨場感というかね嘘の世界なのは確かなんですけど、それをイマジネーションで具現化するのがサウンドホライズンの面白さなのかなぁと最近思っていますね。

MC:ということは映画作品にする時に効果的にいろんな映像の演出を見据えた上でのコンサートだったんですか?

Revo:そうですね。いろいろどうしたら面白いかとか盛り上がるかという、ダンサーの使い方、格好とかも含めて関係ないひとがでてくると面白くないので、いかにそういうものをバンドメンバーも含めて一つの世界観の中に機能的に落とし込めるかということを考えました。

MC:監督はそれを今度は映像化、映画化したわけですけれども、どんな思いで映像化に向かって行ったんですか?

監督:当然素晴らしいライブでステージ上のものをちゃんと撮るというのは当たり前なんですけれども、やっぱり3Dってことで一番面白いとこはどこにあるのかなと思ったのは、家で見るDVDと一番違うところっていうのは皆さんここに集まって観られるっていうことと会場に来るまでが楽しいとか、帰るときに感想を言い合いながら皆さんが楽しんでいただける新しいメディア、そういうものだと思って新しいものを作るつもりで取り組みました。

MC:3Dということでこだわった点はありますか?3Dだからこそのポイントは?

監督:当然たくさん飛び出してそれを楽しんで欲しいなあっていうものもあったんですけど、やっぱり普段皆さんが見れない表情、出演者の方の見えない表情というものをちゃんと特等席で皆さんが見れるというのがこの場だと思うので、そこは特に重点的にやりました。

MC:このメルヘンは続いていくんでしょうか?

Revo:永久不滅です。というのもDVDとして発売されることになりました。7月27日にリリースになります。現在、一生懸命監督が作業しています。

監督:今回の劇場版と変わっている部分もありますのでお楽しみにしていただければと思います。

MC:最後に一言お願いします。

REVO:舞台挨拶の場に立って少し思ったことがあります。DVDリリースされるといつでもこの映像が観られるようになります。それってでも非日常ではなくなってしまうことも意味していて。何気なくDVD観るのではなく、観ることに集中して非日常として大切にして欲しいと思いました。ライヴはトイレに行くのに一旦停止できないですよね、そういう気持ちで観ていただけると幸せだな、と思います。

----

4月29日(金・祝)より新たに全国19箇所の劇場で上映!!

Sound Horizon 7th Story Concert 「Marchen」〜 キミが今笑っている、眩いその時代に… 〜
劇場用スペシャル3Dバージョン


(C)2011 KING RECORD Co.,LTD RAP-PRODUCTS

  • minp!音楽ニュース(2011年05月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's