エンタメ情報まとめ minp!

さかいゆう、ツアー最終公演でニューアルバムを携えた全国ツアーの開催を発表

さかいゆうの全国ツアー『さかいゆうTOUR 2015“ジャスミン”』が12月19日の中野サンプラザ公演にてファイナルを迎えた。

定刻すぎ、印象的なピアノリフから始まるオープニングSEが会場に鳴りわたる。テンポ良く盛り込まれた「ジャスミン!」、「2015!」のキーワードに、会場の期待感は一気に高まる。種子田健(Ba)、田中“TAK”拓也(Gt)、望月敬史(Ds)、pochi(Key)、大阪と東京だけのスペシャルメンバーLyn(Cho)、吉岡悠歩からなる盤石の“さかいゆうバンド”登場の後、颯爽とステージに現れたさかい。SEに乗せてコールアンドレスポンスをして会場を盛り上げた後、デビュー曲「ストーリー」からライヴはスタート。音楽を楽しく、幸せそうに演奏する姿は、ミュージシャンとして充実期にいる事を感じさせるオープニングとなった。

「ストーリー」に続き間髪入れず「WALK ON AIR」へ。この曲は最新シングル「ジャスミン」に収録されている楽曲で、ベン・フォールズ・ファイブを彷彿させる軽快なナンバーで、一気に会場のボルテージを引き上げた。

「“ジャスミン”ツアーにお越しいただきありがとうございます!今日はさかいゆうファン初心者にも、さかいゆうファン古株にも楽しめる内容にします。久々に練習した、普段あまり演奏しない曲を聴いてください」というMCの後、「パスポート」を披露。「パスポート」は2ndアルバム「How's it going?」に収録されており、作詞をふかわりょうが手掛けた事で注目を集めた楽曲。「How's it going?」ツアー以来演奏していないという事もあり、会場からは驚きと喜びの声があがった。その後も「ララバイ」や「されど僕らの日々」といった初期の楽曲を立て続けに披露し、ファンを喜ばせた。

その後はカバータイムへ。ルーツミュージックであり、最新シングル「ジャスミン」にも収録されている、ORIGINAL LOVEの名曲「接吻」へ。盤石なバンドメンバーから放たれる圧巻のリズムに交り合う甘い歌声に、会場は静かに酔いしれた。「接吻」の後は、Guitar・田中“TAK”拓也だけをステージに残し、Michael Jacksonの「ROCK WITH YOU」をハンドマイク一本で歌い上げ、その後はKeyboard・Pochiと2人で、共通の友人について歌った初期の楽曲「Sammy」でしっとりと会場を包みこんだ。

再びバンドを呼び込み、ファンから事前にTwitter等で演奏曲を募ったリクエストコーナーへ。ライヴで演奏される事は少ないが、さかいファンには名曲として知られている壮大なバラード「Room」が響きわたり、この日最初のハイライトとなった。

ライヴも中盤にさしかかった所で再びMCへ。「来年2月3日に、ニューアルバム『4YU』をリリースします。『4YU』はこれまでで一番時間がかかったアルバムです。色々なジャンルの音楽が詰まっています。その中でも特にクールなこの2曲を聴いて下さい。」と、新曲「愛は微熱」、「トウキョーSOUL」の2曲を続けてパフォーマンス。テンポが遅くても、なぜか身体がノってしまう“さかいゆう独特のグルーブ感”に、新曲とは思えない程の盛り上がりを見せ、ニューアルバムへの期待感を高めた。

本編ラストは、最新シングル「ジャスミン」。「“ジャスミン”という言葉には、“天からの贈り物”という意味があるそうです。大切な人を思い浮かべながら聴いて下さい。」と語り、1人だけに当てられたスポットライトのもと、一度聴くと頭に残る印象的なピアノイントロへ。歌詞のひとつひとつを丁寧に歌い上げる姿は、さかいにとって「ジャスミン」が本当に大切な1曲である事を感じさせた。アウトロでの「僕にとっての“ジャスミン"は、中野サンプラザに来てくれたみんなだ!」という叫びに、会場はこの日一番の一体感をみせ、ライヴ本編は終了した。

アンコールで再登場し、グッズ紹介コーナーへ。グッズで販売されているアロマトーンの香りを観客に伝えるため会場を練り歩く姿は、どこかプロレスラーの入場と重なってしまったが、さかいのエンタテイナーぶりが感じられた温かいシーンとなった。そして、ステージに戻ったさかいから「早くも!ニューアルバム『4YU』のツアーが決定しました!」と突然の嬉しい発表が!

『さかいゆうTOUR 2016 “4YU”』と題された本ツアーは、2016年6月17日の札幌・cube gardenからスタートし、7月3日に東京・昭和女子大学人見記念講堂でファイナルを迎える全国6都市ツアーとなる。現在さかいゆうオフィシャルホームページで超先行予約がスタートしているので、ぜひチェックしてみよう。

嬉しいツアー決定発表の後には、吉岡悠歩(Cho)との絶妙の掛け合いをみせた「ピエロチック」をはさみ、高知県民謡「よさこい鳴子踊り」へ。この曲は、さかいが2016年1月1日に出演が決定しているNHK年始特番『MINYO SOUL〜唄は、時空を超える〜』にて披露される楽曲で、ニューアルバム『4YU』の初回生産限定盤にも収録される。独特の掛け声“ヨッチョレヨッチョレ"も、不思議とオシャレに聴こえる“さかいゆうアレンジ”を見せつける最高の仕上がりとなっており、NHKの放送も楽しみだ。

アンコールラストは、代表曲「薔薇とローズ」。会場とのコール&レスポンスで、ラストにふさわしい一体感と多幸感に包まれ、『さかいゆうTOUR 2015“ジャスミン”』は幕を閉じた。

ニューアルバム『4YU』は、さかいゆう約2年ぶりのオリジナルアルバム。MVに早見あかりが主演した事で話題のバラード「ジャスミン」、J-WAVE 冬のキャンペーンソング「Doki Doki」、1st EPとしてリリースしたアップナンバー「サマーアゲイン」、また、『さかいゆうTOUR 2015“ジャスミン”』のオープニングSEとして一部が使用された「SO RUN」など全11曲が収録される。初回生産限定盤にはインディーズ時代から現在までに発表したカバー楽曲7曲、今年Billboard Liveで開催されたカバーライブ音源2曲に加え、高知県民謡をさかいゆう流に再構築し、新録した「よさこい鳴子踊り」から構成される豪華特典カバーCD「さかいゆう COVER COLLECTION」が付属される。作詞に森雪之丞、西寺郷太 (NONA REEVES)、アレンジに蔦屋好位置、Avec Avec、mabanuaなど豪華ミュージシャンが参加している点も見逃せない。

また、『4YU』のジャケット写真と新アーティスト写真も公開された。さかいゆうを“音楽生み出すマシーン”に見立てたクールなジャケットになっているので、詳しくはさかいゆうオフィシャルHPを覗いてほしい。

【セットリスト】

1.ストーリー
2.WALK ON AIR
3.パスポート
4.ララバイ
5.されど僕らの日々
6.接吻
7.ROCK WITH YOU
8.sammy
9.Room
10.月明かりのメランコニック
11.愛は微熱(新曲)
12.トウキョーSOUL(新曲)
13.まなざし☆デイドリーム
14.ジャスミン
Encore1.ピエロチック
Encore2.よさこい鳴子踊り
Encore3.薔薇とローズ

アルバム『4YU』

2016年2月03日発売
【初回生産限定盤】(2CD)
AUCL 198〜9/¥3,611+税
【通常盤】(CD)
AUCL 200/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.SO RUN
2.Doki Doki
3.WALK ON AIR
4.下剋情緒
5.あるギタリストの恋
6.愛は急がず -Oh Girl-
7.サマーアゲイン
8.SELFISH JUSTICE
9.トウキョーSOUL
10.愛は微熱
11.ジャスミン
■カバーCD ※初回生産限定盤のみ
『さかいゆうCOVER COLLECTION』
1.つつみ込むように…(MISIA)
2.今夜はブギーバック(NICE VOCAL)(小沢健二 featuring スチャダラパー)
3.ACROSS THE UNIVERSE(THE BEATLES)
4.One more time,One more chance(山崎まさよし)
5.遠く遠く(槇原敬之)
6.The Stranger(Billy Joel)
7.接吻(ORIGINAL LOVE)
8.よさこい鳴子踊り(高知県民謡)
9.What's Going On(LIVE at Billboard Live(Donny Hathaway ※原曲Marvin Gaye)
10.PAPER DOLL(LIVE at Billboard Live)(山下達郎)

『さかいゆうTOUR 2016 “4YU”』

6月17日(金) 北海道 札幌cube garden
6月21日(火) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
6月28日(火) 高知 X-Pt
6月29日(水) 大阪 Zepp Namba
7月01日(金) 福岡 DRUM Be-1
7月03日(日) 東京 昭和女子大学人見記念講堂

  • minp!音楽ニュース(2015年12月21日)
  • 制作協力:okmusic UP's