エンタメ情報まとめ minp!

横須賀で「蒼き鋼のアルペジオ」集大成ライブ開催、Trident解散発表では悲鳴も

TVアニメシリーズ、および劇場版が制作され人気を博した『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』発のライブイベント「“Blue Field”~Finale~」が、12月19日(土)によこすか芸術劇場にて開催された。


「蒼き鋼のアルペジオ」キャラクターソングのライブ開催は、TVシリーズ放送中に開催されたライブ“Blue Field”以来、約2年ぶり。イベントには、キャストユニットであるTrident[イオナ(CV:渕上舞)、タカオ(CV:沼倉愛美)、ハルナ(CV:山村響)]、Blue Steels[千早群像(CV:興津和幸)、織部僧(CV:松本忍)、橿原杏平(CV:宮下栄治)]、霧の生徒会[ヒエイ(CV:M・A・O)、ミョウコウ(CV:福原綾香)、ナチ(CV:佐藤聡美)、アシガラ(CV:三森すずこ)、ハグロ(CV:五十嵐裕美)]、のほか、ヒュウガ(CV:藤田咲)、キリシマ(CV:内山夕実)、四月一日いおり(CV:津田美波)、八月一日静(CV:東山奈央)、刑部蒔絵(CV:原紗友里)が出演。さらにシークレットゲストとして、TVシリーズおよび劇場版の主題歌・挿入歌を担当したバイリンガルシンガー・ナノが登壇した。

「~Finale~」のタイトルが冠されたイベント名通り、キャストが揃って出演するライブイベントは今回が最後になるとのことだったが、そんな寂しさを感じさせないエネルギッシュなパフォーマンスが繰り広げられた。劇場版第2作の『Cadenza』公開直前にリリースされたキャラソンアルバム「“Blue Field”キャラクターSongs Vol.2」に収録された新曲を中心に、作中の役柄を生かした組み合わせで楽曲が披露されていった。劇場版で初登場した“霧の生徒会”は、今回初めて観客の前に登場、メンバー揃ってのパフォーマンスが行われた。これまでに2度の単独ライブを成功させている作品発ユニット“Trident”は堂々たるステージングで観客を魅了、キュートな笑顔で観客の心を掴んでいた。イベントのカーテンコールでは、出演キャストが作品に対する各々の思い出を語る度に、会場と気持ちが一つになるように感じられた。オーラスでは出演者が再度総登場し、TVシリーズエンディング主題歌の「ブルー・フィールド」を熱唱してイベントを締め括った。

イベント終演後には、『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza』のBlu-ray/DVDが2016年3月25日に発売されること、そしてその初回盤には今回のイベントの映像が収録されることが発表された。さらに続けて、Tridentが2016年4月3日の幕張メッセイベントホールでのライブをもって解散することが発表されると会場からは悲鳴にも似た声が多数上がった。さらにラストフルアルバム『BLUE』が2016年2月17日に発売されること、同作にはラストライブの優先申込券が付属することも合わせてアナウンスされた。


(C)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ

  • minp!音楽ニュース(2015年12月20日)
  • 制作協力:okmusic UP's