エンタメ情報まとめ minp!

バンドブームがあった1980年代に活躍したアーティスト5選

バンドブームが訪れた1980年代を懐かしく思う人も、まだ生まれてないという人もいることでしょう。ですがその当時に活躍した人の曲を流すと聴いたことあるという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな80年代のバンドブームに活躍したアーティストを5組ご紹介していきます。

■日本のロックを語る上で避けては通れないバンド 「BOφWY(ボウイ)」

「BOφWY」は1981年に結成され、1987年に解散したロックバンドです。「BOφWY」の名前を知らない人は、氷室京介さんや布袋寅泰さんが所属していたバンドと言うと驚かれる人もいるのではないでしょうか。
当時のロックバンドとしては異例とも言えるアルバムのミリオンセラーを5thアルバムと6thで達成するなど注目を集めます。その後6thシングルとなった「Marionette-マリオネット-」でシングル1位を獲得するなどまさに最盛期を迎えていた中で突然解散宣言をします。
しかし彼らが引き金となり、ロックをやるようになったアーティストも数多くいるとされています。数多くの名曲がありますが、「B・BLUE」は解散後の2004年にリメイクされ放送されたドラマ「ビーバップ・ハイスクール」の主題歌にもなっていて、「BOφWY」というアーティストを知りたい人にもおすすめ出来る1曲です。

■女性ボーカル&男性メンバーというバンド構成の先駆者 「REBECCA」

「REBECCA」は1984年に結成され、1991年に解散したロックバンドです。その当時としてはまだ珍しかった女性がボーカルを務め、他のパートを男性が担当するバンドで、REBECCAがヒットした後でこのような形式のバンドが増えました。そんな「REBECCA」を代表する曲と言えばやはり「フレンズ」ではないでしょうか。ミリオンセラーを記録したアルバムの「REBECCA ●〜Maybe Tomorrow〜」だけでなく何度もアルバムに収録される名曲です。
また数多くのアーティストがこの曲をカバーしていて、そちらのほうも聴いたことがある人もいるのではないでしょうか。そんな「フレンズ」が有名な「REBECCA」ですが、「RASPBERRY DREAM」という曲も素敵なメロディにNOKKOさんの声がマッチして、おすすめできる1曲です。

■幅広い音楽を聴くことが出来る原宿のホコ天から始まったアーティスト 「THE BOOM」

「THE BOOM」は1986年に結成され、2014年に解散したロックバンドです。
1987年7月から原宿にあった歩行者天国で活動を始め、その後メジャーデビューをしました。代表曲の「島唄」はあまり音楽に興味がない人でも1度は聴いたことがあるくらい有名な曲ではないでしょうか。
もともとは沖縄限定で発売された「島唄 ウチナーグチ・ヴァージョン」がヒットをして、標準語での「オリジナル・ヴァージョン」の発売が求められたことで発売されたのは知らない人もいるのではないでしょうか。さまざまなアーティストにカバーされたりして有名なこの曲ですが、16枚目のシングルとなる「風になりたい」は多くのパーカッションを使用した明るいおすすめの1曲です。前向きな歌詞と曲がマッチして気分が沈んだ時に聴くと元気になることが出来るのではないでしょうか。

■1度解散して2009年に再結成したバンドブームの代名詞といえる1組 「ユニコーン」

「ユニコーン」は1986年に結成され1993年に1度解散しますが、再び2009年に再結成されて活動をしているロックバンドです。シンガーソングライターの奥田民生さんがボーカルとギターをされているバンドですね。日本武道館でのライブを行ったり、レコード大賞のアルバム賞を受賞したりと音楽面でも注目を浴びるかたわらで、ヴィジュアルの良さからアイドル的な人気もあったバンドです。
代表曲は1stシングルでもあった「大迷惑」ではないでしょうか。発売されてから25年以上が経ちますが、今でもカラオケで歌われることも多くサラリーマンを題材としているので共感出来る人も多い1曲ですね。それ以外にもユーザーの人気投票で発表されたランキングで1位を獲得した「Maybe Blue」は切ないメロディーと歌詞に共感する人も多く、シングル曲ではないですがおすすめ出来る1曲です。

■女性だけのバンドの代名詞の1組 「プリンセス・プリンセス」

「プリンセス・プリンセス」は1983年に結成され、1996年に解散した後2012年に復興支援で1年限定で再結成されたロックバンドです。
女性5人で結成されたバンドで、5作連続でCDシングルチャートの1位を獲得するなどガールズバンドのパイオニアとされました。代表曲は初のチャート1位を獲得した曲であり、ミリオンセラーも達成した「Diamonds」ではないでしょうか。またシングル曲ではありませんが、「M」は「Diamonds」に負けず劣らずのヒットを起こした曲です。メンバーの実体験をもとにしたこの曲は切ないバラード曲ですが、失恋ソングの名曲としていまだに多くの人に聴かれる1曲です。

80年代のバンドブームに活躍したアーティストを5組ご紹介させていただきました。これ以外にも多くのアーティストがデビューし、活躍をしています。昔を懐かしむのではなく、今だからこそ新しく見つけられる魅力を探して、当時の曲を改めて聴いてみてはいかがでしょうか。

  • minp!音楽ニュース(2015年12月20日)
  • 制作協力:okmusic UP's