エンタメ情報まとめ minp!

子どもが大好き!ノリノリで思いきり歌っちゃう楽しい音楽5選

子どもが喜ぶ音楽はたくさんありますよね。特に親しみのあるアニメの主題歌が聴こえると、それだけでもう大喜び!子どもが好きな音楽は温かくて柔らかい曲調のものや、ノリノリで踊っちゃう音楽もあり、みんなで聴いて盛り上がること間違いなしの音楽ばかりです。

■男の子も女の子もみんな大好き「ようかい体操第一」

ゲームソフトから始まりアニメまで、幼児の間で国民的大ブームになった妖怪ウォッチ。「ようかい体操第一」はアニメの初代エンディングテーマです。2014年の紅白歌合戦にも登場しにぎやかに踊ったパフォーマンスが印象的だったのが記憶に新しいですよね。男の子も女の子もノリノリで踊っちゃうこの音楽のダンスはラッキィ池田による振り付け。テレビアニメのエンディングでキャラクターが踊り、それに合わせて子どもたちも楽しく踊りながら歌っちゃうこと間違いなしです。

■赤ちゃんも大好きアンパンマン「アンパンマンのマーチ」

毎週金曜日の夕方4時半からは「アンパンマンのマーチ」ではじまる「それいけ!アンパンマン」のアニメを一緒に見ている家族も多いことでしょう。アンパンマンの原作者であるやなせたかしが作詞、三木たかしが作曲しました。リリースされたのが1988年で、20年以上にわたって世代を超えて愛され続けている歌で、知らない人はいないほど。言葉を覚えたばかりのお子さんも喜んで一生懸命歌う姿はとってもかわいいですよね。

■ほのぼのして楽しい気分に「夢をかなえてドラえもん」

ドラえもんといえば、大人世代では「ドラえもんのうた」のオープニングが定番ですが、子ども世代にはすっかり「夢をかなえてドラえもん」が定番になってきています。2007年からテレビアニメ「ドラえもん」のオープニングテーマとして親しまれている「夢をかなえてドラえもん」は、ほのぼのした曲調で温かいメロディーが心地よい音楽で、歌詞の中にはドラえもんの定番のひみつ道具が登場します。毎週アニメを見ているお子さんなら一緒に歌を歌って楽しめます。

■一度聴いたらついつい口ずさんじゃう「崖の上のポニョ」

スタジオジブリ制作の宮崎駿監督の長編アニメーション「崖の上のポニョ」は2008年に公開され大ヒットした映画です。この主題歌の「崖の上のポニョ」も大ヒットしたことが記憶に新しいですよね。藤岡藤巻と大橋のぞみがかわいらしく歌うこの曲は、純粋無垢なポニョにぴったりのイメージで温かい歌声が心地よい音楽です。映画も一緒に見ると、いっそうこの曲が好きになって子どもも一緒に何度も聴きたくなります。

■ノリノリダンスで楽しもう「マル・マル・モリ・モリ!」

「マル・マル・モリ・モリ! 」は、テレビドラマ「マルモのおきて」の主題歌で、ドラマで登場した芦田愛菜と鈴木福によるユニット「薫と友樹、たまにムック。」により2011年にリリースされました。この曲は、ドラマのエンディングで芦田愛菜と鈴木福のかわいらしいダンスと歌が話題を呼び、とくに子どもたちの間で大ブームとなりました。運動会や音楽界などの行事で次々とマルモリダンスが披露されるようになり、その年の年末でも紅白歌合戦で歌われるなどして国民的に大ヒットしたのが記憶に新しいです。元気がでる音楽なので家族でノリノリで聴いてみてくださいね。

残念ながらここに紹介しきれない音楽がまだまだたくさんありますが、子どもが大好きな音楽はたくさんあって、どれも親にとっても親しみがあり、中には親子2代にわたって親しまれている音楽もたくさんあります。温かみがあってやる気が出てくる子どもの音楽は大人も子どもも関係なく楽しい気分になりますね。

  • minp!音楽ニュース(2015年12月18日)
  • 制作協力:okmusic UP's