エンタメ情報まとめ minp!

家でお茶を飲みながらまったりしたい時にピッタリの曲5選

何もしなくていい束の間の休息。家でお気に入りの温かいお茶を飲みながら素敵な音楽を聴けば、それだけでリッチな気分になれそうです。そんなくつろぎタイムを演出してくれる、おしゃれで軽やかな5曲を紹介します。

■心地良い余韻を残してくれる「キス・オヴ・ライフ」

おしゃれな音楽の代名詞とも言うべきシャーデーの、4thアルバム「love deluxe」から。天の導きで大切な人に出会えた喜びを歌っています。ちょうど最初の結婚をしていた頃で、幸福感が歌い方や穏やかなメロディーの端々からあふれています。派手さは無いけれど、心地良い余韻を残してくれる曲。住み慣れた部屋の空気を一瞬でカフェ風に変えてくれるでしょう。

■可愛らしくてサラッとした「会いたい気持」

大貫妙子さんと言えば、背筋の伸びた凛としたイメージが先立ちますが、このような可愛らしい曲も歌っているのです。実は離れ離れになった恋人への切実な想いが歌詞になっているのですが、大貫さんの歌い方はそんな風に感じさせないくらいサラッとしています。
天気の良い日に自転車をこぎながら口ずさむのも似合うでしょう。発表当時は「ポテトチップス」のCMに使われました。

■幸せの一コマを切り取った「ベイビー・ユーアー・マイン」

ポーランド出身の女性ボーカリスト・バーシアの隠れた名曲。2ndアルバム「ロンドン・ワルシャワ・ニューヨーク」に収録されているボサノバです。何気ない日常を切り取ったような、生活感のあるサウンドにほっこりします。もちろん歌詞は理想の相手に出会えた喜びを歌っているのです。心地良くないはずがありません。バーシアの声と一緒に幸せな気分に浸りましょう。

■優しく背中を押す「ある朝、風に吹かれて」

今ではセラピストとしても活動しているEPOさんの楽曲。ドラマの主題歌となりました。その少し前までは体育大学出身ということもあって、元気あふれる楽曲を歌っていました。けれども、イギリスで音楽活動をした時に、オリジナリティについて深く考え、アコースティックな路線へと方向を変えたのです。そんな大きな決断をしたEPOさんが歌うからこそ、この歌は優しく心に響きます。

■コーヒー用のBGM「Drip for smile」

数多くの客演で知られる女性ボーカリスト・畠山美由紀さんと、ギタリストの小池龍平さんが組んでリリースしたアルバム「Coffee & Music」から。喫茶店のマスターが歌詞を手がけているだけに、飲みながらBGMとして聴くも良し、大切な人のためにコーヒーを淹れながら聴くと、美味しい出来上がりになりそうです。もちろんサウンドは優しいギターのボサノバ。コーヒーにベストマッチです。

まったりしたい時にピッタリの曲は、メロディやサウンドが温かいのはもちろん、誰かに対する優しい気持ちを歌っているから、空気を柔らかくしてくれるのです。音楽が終わってお茶を飲み干した後は、気分を一新して頑張れるでしょう。

  • minp!音楽ニュース(2015年12月15日)
  • 制作協力:okmusic UP's