エンタメ情報まとめ minp!

クリエイター集団 agehaspringsが漫画誌のCMソング書き下ろし

YUKI、中島美嘉、flumpool、Superfly、FUNKY MONKY BABYSなど数々のヒットチューンを世に送り出すクリエイター集団agehaspringsが、月刊漫画雑誌『コミックゼノン』で新連載を開始した原哲夫の『いくさの子 -織田三郎信長伝-』からインスパイアされ4月25日からオンエアされている短編ドラマCM「今ならわかる」の楽曲プロデュースを行なった。

agehaspringsは、原哲夫の『いくさの子 -織田三郎信長伝-』からインスパイアされた“家族愛”や“絆”をキーワードにテーマ曲「キズナ」を制作。富岡忠文監督のメガホンのもと、主役には現在TBS金曜ドラマ『生まれる。』に出演中の新人俳優・淵上泰史、父親役にベンガルなどベテラン勢が脇を固め感動的なシーンを演出している。

ちなみにagehaspringsは昨年、北条司の『Angel Heart 2ndシーズン』の単行本創刊を記念しドラマCM「心は憶えてる」を制作した際にも音楽を手がけ『コミックゼノン』の短編ドラマCMシリーズには2作連続で参加している。

なお原哲夫の『いくさの子 -織田三郎信長伝-』は5月に単行本第1巻が発売予定となっている。

  • minp!音楽ニュース(2011年04月26日)
  • 制作協力:okmusic UP's