エンタメ情報まとめ minp!

タモリ、2015年で一番印象的だった芸能ニュースは?との質問に「又吉(直樹)はよくやりましたよね」

2015年12月18日(金)午後10時からのニッポン放送「タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&BOSS スペシャル」より、収録レポートと収録後インタビューが到着した。


ニッポン放送「オールナイトニッポン」(毎週水曜深夜1時~3時)にて、1976年から7年間にわたってパーソナリティを担当したタモリ(70)。反響を呼んだ2014年6月の「タモリのオールナイトニッポンGOLD」から1年半ぶりの放送となる今回の特番は、タモリが昭和の名曲と共に2015年の出来事を振り返る内容になるそうで、フジテレビ系「ヨルタモリ」などで親交のある能町みね子がアシスタントを務める。

番組の詳細については、公式サイト(http://www.allnightnippon.com/gold/)を参照されたい。

<収録レポート>

●テーマは「昭和の名曲とともに、2015年を振り返る」

今回の「昭和の名曲とともに、2015年を振り返る」というテーマを聞き、「今年を振り返るのに昭和の名曲?ちょっと意味がわからないですけど(笑)」とタモリ。しかし、昭和50年に発売された中島みゆきの「時代」が流れると、昭和時代のラジオについて懐かし気に振り返った。

●「ワイドFM」が開局したニッポン放送スタッフに叱咤激励!?

今月7日からニッポン放送が「ワイドFM」を開局したことについて触れ、「FMは音質が良くて音楽放送にいいんだよね」と、周波数などのマメ知識を披露。さらにFM放送開始に、スタッフが浮足立っているということ聞くと「そんなにうれしいんですかね。劣等感があったのかな? 怖がることはない!でも調子にのるな!(笑)」と叱咤激励した。

●今年70歳を迎えたタモリが誕生秘話を明かす~赤ん坊大会で優勝~

今年8月22日に70歳の誕生日を迎えたタモリ。能町が「産後70年ということですが…」と話しを振ると、何と生まれたのは終戦の1週間後だったことが判明。タモリは「よく産んだなというよりは、敗色濃い昭和19年の秋に、よく親父とお袋はよくムラムラしてたんだなと(笑)」と話し、これには能町が「人間、食べることとそういうことはどうしたっておさまらないんでしょうね(笑)」とフォローするなど、ちょっぴり破廉恥なトークで盛り上がった。続けて、タモリは「当時“赤ん坊大会”があって、僕優勝したんですよ。標準の体重だったとか何を判断したのかわからないんだけど、姉も2位になってて(笑)」と仰天エピソードを披露。能町も「見る目ありますね、その人。まさかこんなことになるとは思ってないですもんね」と驚いた。

●タモリの博識に能町も驚き。脱線トークでは、タモリ節がさく裂!

番組では春夏秋冬に分け、各月にあったニュースを振り返りながら2015年をおさらい。1月に行われたサントリーコーヒー「BOSS」の新CM発表会で人型ロボット「Pepper」に「コンドルの着地」を伝授したニュースを能町から振られると「あいつは(意外と)うまかった」と懐かしく語っていたほか、今年3月に運航終了した寝台特急「トワイライトエクスプレス」でのトークでは、タモリが「トワイライトエクスプレス」のヘッドマークを持っていることを明かすなど、マニアックなトークがさく裂していた。また、中島みゆきのニセモノのメッセージについて取り上げると話は脱線。昔、タモリが担当する番組で、その当時に中島みゆきが主題歌を務めていた番組名にもじって卑猥な企画を作ったところ、テレビの製作会社が集まる協会で受賞した話から、その後も“変態”話へと展開し、まさかの1年を振り返れないまま、収録は終盤を向かえてしまうというハプニングに、タモリは「シメが変態になっちゃった(笑)」と締めくくった。

1年半ぶりのラジオ出演となったタモリ。収録冒頭でタイトルコールを終えたタモリは「勢い付けないと何を言っていいかわからない状態です」と告白。しかし、テーマソング「Bittter Sweet Samba」が流れると昔を思い出し、その後はアシスタントとして登場した能町みね子と幅広いトークで約2時間の収録を楽しんだ。

●収録後のインタビューでは、「芥川賞」を受賞したピース・又吉直樹を称賛

(今年の話題を振り返るというテーマについて)12月まで振り返れなかったね。ラジオって感じがしなかったです。みねちゃん(能町みね子)と、ただしゃべってるっていう感じで、楽しませていただきました。面白かったです

いろいろありましたね~。何でしょうかね。やっぱり、又吉(直樹)はよくやりましたよね。今、みんなようやく『すごい』と当たり前のようなことを思ってるんですけど、芥川賞ですからね。太宰治も欲しかった賞でしょ?又吉は太宰治の大ファンですからね。大ファンの方が獲っちゃったと。太宰治の立場どうなっちゃうの?ってことですよね(笑)。
実際に作品も読みましたけど、面白かったです。面白いんですけど、改めて思うのは芥川賞と直木賞と一体どうちがうのかと(笑)。それを改めて考えましたね。でも、いっぱい本を読むから文章がうまくなるっていうのは違うんですよね。いっぱい映画見たからいい映画作れるということでもないですし。それとはまったく違う能力が又吉にあったってことですね。
なので、このニュースはすごく驚きました。受賞後はあってないんですけど、おめでたいニュースですね

  • minp!音楽ニュース(2015年12月11日)
  • 制作協力:okmusic UP's