エンタメ情報まとめ minp!

PrizmaX、ワンマンライブでデビュー3周年記念公演の開催を発表

PrizmaXが12月5日(土)、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoでワンマンライブ『PrizmaX Level 1 〜アイアシアターで会いアSHOW〜』を開催! 公演では2016年3月14日に赤坂BLITZにてデビュー3周年記念ライブを行うことも発表された。

ライブはメンバーの自己紹介ラップが楽しい「HANDS UP」からスタート。この日はなんとメンバーが客席後方扉から登場! 驚きの演出に会場は一気に熱狂の渦に包まれ、一曲目にしてホリック(PrizmaXのファン)との一体感もパーフェクトだ。MCでは自己紹介をしながら「ついにこの日がやってきました。皆さん思う存分楽しんで行ってください!」(DAIKI)などと意気込みを伝えた5人。続いてWINが「やっと会えましたね。ごめんな、さみしい思いさせて。今日は時間を忘れて最高の一日にしましょう!」と、ファンに語りかけ、「Baby Be Mine」のパフォーマンスへ。イスを使った振り付けが印象的な「抱きしめて行く」、ファンも一緒になって拳を振りあげ盛りあがる「Just Revolution」と立て続けに披露し、多様な楽曲を届けた。

ゲーム&トークタイムでは「仲良し」と書かれた、キュートなおそろいのTシャツに着替えて登場。まずは「教えて!PrizmaX」と題し、各メンバーが出題される質問内容にあてはまる人を選ぶ企画に挑戦。「一番の甘えん坊は?」という質問には、回答者のTIMがWINを選び、「ステージでは男前だけど2人きりだと俺の肩に頭を置いて甘えてくる」と、仲良しエピソードを公開。WIN&TIMが実演すると、会場からは黄色い歓声がわき起こった。また、2問目の「甘い言葉で口説かれたいのは?」という質問にはYUKIがアンサー。DAIKIを指名し、YUKIが彼女役、DAIKIが彼氏役で妄想お台場デートを実演することに。カップルになりきる2人に、TIMが電車の音、WINが車掌、TSUBASAが駅員と、エキストラ兼音響係として加わり、やんややんやと大騒ぎ(笑)。自由奔放で賑やかなコント(!?)にファンも大爆笑だった。

次のお絵描き伝言ゲームでは、お題の「サンタクロース」を1人30秒以内で描き5人の仲良し度をチェック! 順番は絵が上手な人と苦手な人を交互に配置するという作戦で、TIM→WIN→TSUBASA→DAIKI→YUKIに決定。ラストのYUKIは絶妙な棒人間を描くも、テーマの「サンタクロース」は正解し、伝言ゲームは見事成功! 各メンバーが描いた絵は抽選で会場のファンにプレゼントされた。

楽しいトークタイムのあとは再びライブタイムに。YUKIとTSUBASAのダンス、TIMとWINのボーカルなど、それぞれの個性が輝くソロパフォーマンスを、Jazzyなヒップホップサウンドに乗せたDAIKIのラップが繋いでいく。全員のソロが終わり、ラストのラップで「これは偶然じゃなくてきっと必然/あれから時は流れ10年/一番の仲間で一番のライバル/この5人なら夢は叶う気がする」と、決意を語るかのように言葉を紡いでいくDAIKI。静寂の中に「俺はそう信じてる…」という言葉が響き、ギターの疾走感あふれるイントロが流れ、盛り上がらずにはいられないメドレータイムの始まりだ。

「I believe」、「REBORN」「OUR ZONE」と、新たなステージへ踏み出していくPrizmaXの覚悟と信念を表すかのような3 曲を力強く熱唱し、気迫のこもったパフォーマンスを届けた5人。TIMとWINの2人でしっとりと歌い上げる「Truth」では、柔らかく美しいハーモニーで会場を魅了。今年5月のO-EAST公演を区切りに、スタッフも一新し“新生PrizmaX"として第2章を迎えた彼ら。今回のライブは、新たなスタッフとともに作り上げた初のライブでもあったということで、DAIKIは「新らたなTIMで音楽や方向性について話し合ってきました。今回は“新生プリズ"の第一歩であり、ライブタイトルも『Level 1』となっています。この先、レベル 2、3とレベルアップすることでホリックに与えられる喜び、幸せのレベルも高められるように頑張っていきたいと思っています」と、心境を語った。

アンコールではサッカーのユニフォームを着用して登場し、モンテディオ山形の若手選手ユニット「M-5」のために書き下ろした未発表の新曲「Let's prove it!!」を披露! 「FANTASISTA」では客席に降りて、ゴムサッカーボールを投げ込みながらファンと触れ合った。さらに、MCでは来年のホワイトデーである2016年3月14日(土)に東京・赤坂BLITZにてPrizmaXのデビュー3周年を記念するワンマンライブの開催決定を電撃告知! この事実はメンバーにも知らされておらず、「No way!(ありえない!)」(WIN)、「聞いてないよ!」(TSUBASA)と驚きつつも、5人できつく抱き合い、喜びを分かち合った。さらに、3周年記念公演のチャレンジ企画として公演当日に「ダブルダッチ」に挑戦することも決定! 「当日までに5人で練習し、縄跳びを披露せよ」という異色の指令に当惑しながらもテンションはMAXだ。「みんな来てくれますか〜?」(DAIKI)と、次の公演への期待を膨らませた。

ラストは歓喜のムードに包まれるなか「HUG&KISS」のパフォーマンスを披露! 今日一番の笑顔で曲を届けたあとも、胸の高鳴りを抑えることができない様子のメンバーとホリック。最後は集合写真を撮影し、記念すべき日を写真に残し、ライブを締めくくった。

【セットリスト】
M01. HANDS UP
M02. Mysterious Eyes
M03. Ready
M04. Baby Be Mine
M05.抱きしめて行く
M06. Just Revolution
パフォーマンスコーナー(ソロパフォーマンス)
M07. I believe
M08. REBORN
M09. OUR ZONE
M10. Truth
M11. Three Things
M12. Lonely summer days
M13. Never
<EC>
M14. Let's prove it!!
M15. FANTASISTA
M16. HUG&KISS

『PrizmaX 3周年記念公演』

2016年3月14日(月) 赤坂BLITZ

  • minp!音楽ニュース(2015年12月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's