エンタメ情報まとめ minp!

マイ・ケミカル・ロマンスが震災チャリティーに「シング」のニュー・ヴァージョンを録音

バンドのTwitter公式アカウントに寄せられた世界中のファンからの何千もの「日本の被災者支援の為に立ち上がって欲しい」というツイートに応え、マイ・ケミカル・ロマンスがシングル「シング」をリメイクした『#SINGItForJapan』をレコーディングし4月13日からiTunesで独占配信をスタートした。

この曲はバンドの最新アルバム『デンジャー・デイズ』からのシングル「シング」を
リアレンジしたもので、マイケミのギタリスト、レイ・トロがアレンジとプロデュースを担当。プリンス、マイケル・ジャクソン、マドンナ、エルトン・ジョン等豪華アーティストの作品でのオーケストラ・アレンジでも知られるロサンゼルス・フィルハーモニー指揮者、スージー・カタヤマなどが参加、アレン・サイズ(エンジニア/ミックス)バーニー・グランドマン(マスタリング)と超一流のスタッフが賛同し制作に関わった。

レイ・トロは「日本での最初のショウ以来、マイ・ケミカル・ロマンスは日本に対して特別な絆を感じていました」「ツアー中に事態が刻々と明らかになっていくニュースを目にして、大きな衝撃を受けた。俺たちはファンの声に押される形で“シング”をリメイクすることを思いつき、『#SINGItForJapan』を形にするために、その才能と時間を割いてくれた多くのミュージシャンに連絡を取った。オーケストレーションに日本の伝統的なテーマを盛り込むことによって、日本の人々への賞賛と敬意を表現することが出来たと思う」と語った。

バンドとワーナー・ブラザース・レコーズは曲の収益を東日本大震災の被災者支援の為に米国赤十字社へ全額寄付することになっている。
また世界中のファンから何千ものメッセージを受け取った後、バンドはこれらの感動的な作品を集め『#SINGItForJapan』のビデオを制作し、バンドが新たに開設した特設サイト(singitforjapan.com9で公開している。

また特設サイトでは、特製Tシャツ、そしてギタリストのフランク・アイエロが今年初めの来日公演中に撮影した写真から制作したリトグラフ「From Shibuya With Love」も販売し収益を全て、東日本大震災の被災者支援の為に米国赤十字社へ寄付することも明らかにしている。

  • minp!音楽ニュース(2011年04月17日)
  • 制作協力:okmusic UP's