エンタメ情報まとめ minp!

スピッツの『ハチミツ』トリビュートアルバム全曲試聴映像が公開

スピッツの6thアルバム『ハチミツ』をアルバムをまるごとカバーした『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』の参加アーティストの演奏楽曲が発表された。そして、特設サイトも更新された。

特設サイトでは、アルバムに収録される楽曲をどのアーティストが演奏しているのか予想するというクイズ企画を実施していたが、全曲試聴映像の公開とともに解禁され、これにあわせてジャケットも公開された。

また、参加アーティストのコメントも到着! こちらも必見だ。

『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』ダイジェスト試聴映像
https://www.youtube.com/watch?v=Wzmwgj_tgik

【参加アーティスト コメント】

01.「ハチミツ」/赤い公園  
「Spitzへの尊敬、「ハチミツ」への愛を持って、赤い公園なりに誠心誠意カバーさせて頂きました。
押忍!必聴で、宜しくお願いします!」

02.「涙がキラリ☆」/10-FEET 
■TAKUMA
音楽は記憶を呼び覚まします。
自分の青春時代に耳にして好きになった曲。
カバーした事によってこの曲の本当の素晴らしさにまた気づきました。
■NAOKI
今回「涙がキラリ☆」で参加させて頂いたのですが、
学生の頃によくカラオケで歌ってた大好きな曲だったので楽しみながらも、
ゆったりとした重厚なサウンドを意識してアレンジさせて頂きました♪♪
参加させて頂いてとても嬉しく思っています!
■KOUICHI
大好きなスピッツの大好きな曲を精一杯、自分らなりに演奏出来た事、ほんとに嬉しく思います。
スピッツのような素晴らしいバンドになれるよう僕達もまだまだ頑張るぞー。

03 .「歩き出せ、クローバー」/NICO Touches the Walls
「ロビンソン」を聴いて曲作りを始めた僕にとって、今回の『ハチミツ』トリビュートへの参加はこれ以上ない名誉であります。
改めて自分の原点と向き合うことができたし、この経験は僕ら四人にとってまさに「何よりの宝物」になりました。
スピッツへの最大限の感謝とリスペクトとともに、NICO Touches the Walls版「歩き出せ、クローバー」を皆さんにお届けいたします。
楽しんで聴いてもらえたら光栄です。

スピッツの皆さんへ

またロックロック呼んでくださいね!
二度目に呼んでもらったときの打ち上げで正宗さんに「NICOはもうレギュラーメンバーだから」って言ってもらえたこと、、、忘れてませんので!!!(笑)

04.「ルナルナ」/鬼龍院翔(ゴールデンボンバー) 
大好きなスピッツさんのトリビュートアルバムに参加させて頂けてとても光栄です。
僕の暗く暑苦しい歌声は草野マサムネさんとは似ても似つかず、レコーディングを始めた時はこんな歌声で良いんだろうか…と焦りました。
しかし、「せっかくスピッツさんサイドからオファーをいただいたのだから、
いつもの自分の暑苦しい歌声で歌いきったものを納品してみよう!」
と、ある種の開き直りのような感じで暗く暑苦しく歌わせて頂きました!
まぐれでヒットしたポッと出の僕らにとってトリビュートアルバムというもの自体に初めて参加させて頂きます。
初めての参加がスピッツさんでとても嬉しいです。

05.「愛のことば」/indigo la End
■川谷絵音
indigo la Endのバンド名の由来にもなった大好きなバンドの大好きな曲をカバー出来るなんて光栄です。インディゴ流の「愛のことば」楽しみにしていてください。

06。「トンガリ'95」 /LAMP IN TERREN
■LAMP IN TERREN 松本大(Vo&Gt)
自分の書いた曲以外をバンドでやる経験がなかったので、とても新鮮な気持ちで音楽に触れられました。

いつも通りまず僕が大まかなアレンジを作ってメンバーに持っていき、彼らもまた自由に楽しんでやっていたので、不思議と自分らの曲のようにも思えています。烏滸がましいですが。笑

気に入ってくれると嬉しいです。よろしくお願いします。


07.「あじさい通り」 /クリープハイプ
■尾崎世界観
二十年前に世に生まれたこの曲が、二十年後に成人して、少し捻くれた大人になったイメージでアレンジさせて貰いました。 でも根が良い奴(元の曲が素晴らしい)だから、納得のいく仕上がりになりました。 今回、こんな貴重な体験をさせて貰えて本当に嬉しいです。

08.「ロビンソン」 /9mm Parabellum Bullet
■Vo/Gt 菅原卓郎
「ほんとうにたくさんの人の心に刻まれているこの曲。スピッツのみなさんは好きにやっていいよと言ってくれるはず、とばかりに思い切りやりました。9mmで参加出来て光栄です。」
■Gt 滝 善充
「私の大好きなスピッツのトリビュートに参加できることになってとても嬉しいです。ハチミツは自分のお小遣いで初めて買ったアルバムで、本当に大好きになって何百周したかわかりません。名曲のオンパレードで聴いていてとても元気になれます。参加できたことをとても光栄に思います。ありがとうございます。」
■Ba 中村和彦
「偉大なロックバンドのトリビュートアルバムに参加することができて、心から光栄に思っています。僕らなりのリスペクトを、この曲の素晴らしさとともに、多くの人に感じてもらえたらいいなと思います。」
■Dr かみじょうちひろ
「国民的な名曲。これをカバー出来て恐悦至極でありますー)^o^(そんな作品を僕らがいじり、土足で踏み込む様な扱いをして良いものか迷いましたが。ご本人様方から許可がちゃんと出たので…やっちゃったーん!!☆〜(ゝ。∂)」

09.「Y」/GOOD ON THE REEL
■Vo 千野隆尋
正直、人生でスピッツのトリビュートアルバムに参加させていただけるなんて思ってもいませんでした。
ハチミツが発売された当初、僕は小学生でした。
みんなでよくロビンソンを歌いながら歩いたのを覚えています。
僕にとってスピッツは、人生に自然と寄り添ってくれるバンドです。
このアルバムに参加できて、僕はとても幸せです。

10.「グラスホッパー」/ASIAN KUNG-FU GENERATION
■後藤正文
『ハチミツ』は僕の青春の暗黒時代を支えてくれたアルバムです。
パーフェクトに八方塞がりだった10代最後の、希望の光のひとつ。そんな作品でした。
トリビュートに参加できて光栄です。
あの頃の自分に知らせてやりたいです。

11.「君と暮らせたら」/初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
■初恋の嵐
スピッツには、以前、“初恋に捧ぐ"をカバーしてもらって“ヤラレっぱなし"だったので、今回、“カバー返し"が出来て、すごく嬉しいです!
■曽我部恵一
バンドメンバー4人が一歩も引かずひとつの楽曲を高めることのみに全感覚器官を研ぎ澄ませた「ハチミツ」という状態に、あらためて恐れ入った次第です。

Bonus Track.「俺のすべて」/SCOTT MURPHY
■SCOTT MURPHY (MONOEYES, ALLiSTER)
ALLiSTERで「チェリー」、ソロでも「楓」をCOVERさせて頂いたりで
今回まさか『ハチミツ』TRIBUTE ALBUMに参加させてもらえるなんて
思ってもいませんでした!
「俺のすべて」もすごく好きな曲なので一生懸命やりました!
アメリカ代表です!!!(笑)
また一緒に美味しい日本酒を呑みましょう!!!

アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』

2015年12月23日発売
【CD】UPCH-2065/¥3,000+税
2016年1月27日発売
【アナログLP】
UPJH-9016/¥3,900+税
<収録曲>
01.「ハチミツ」 赤い公園 
02.「涙がキラリ☆」 10-FEET
03 .「歩き出せ、クローバー」 NICO Touches the Walls
04.「ルナルナ」 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
05.「愛のことば」 indigo la End 
06.「トンガリ'95」 LAMP IN TERREN
07.「あじさい通り」 クリープハイプ
08.「ロビンソン」 9mm Parabellum Bullet
09.「Y」 GOOD ON THE REEL
10.「グラスホッパー」 ASIAN KUNG-FU GENERATION
11.「君と暮らせたら」 初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
Bonus Track「俺のすべて」 SCOTT MURPHY

  • minp!音楽ニュース(2015年12月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's