エンタメ情報まとめ minp!

ハルカトミユキ、「LIFE」完全版配信スタート&2月ワンマンに向けた計画を発表

ハルカトミユキが10月3日の日比谷野音フリーライヴ『ひとり×3000』で披露した新曲「LIFE」の配信がスタートした。

フリーライヴのリハーサルも大詰めとなり、プレッシャーに追い込まれてゆく中、ハルカが「どうしても、もう一曲セットリストに加えたい」とギリギリのスケジュールで書きおろされた「LIFE」。公演当日の朝8時に書き上がったという歌詞を持って、野音の最後に披露された、まっさらな新曲だった同曲がブラッシュアップしてレコーデイングされた“完全版”に!

また、近日公開となるリリックビデオには、野音でのライブ映像に加え、当日撮影フリーだった来場者から募集した、ライブ写真&映像が差し込まれ、現在絶賛編集中とのこと。

そして、リリックビデオに先駆けて、新たに撮り下ろされたという映像からの1カットが公開された。「LIFE」という赤文字のタイトルのバックに立つのは、道路の真ん中で大きな白旗を持つハルカ。この画像の意味は、本人からのコメントを紐解いて欲しい。

さらに、ライブハウス飛び込み&路上ライヴで、2月に開催する東名阪ワンマンチケット手売り完売計画を実施することがわかった。

『新曲と同タイトルの47都道府県を巡るツアー、LIVE TOUR 2016 ‘LIFE'』。年内から地方公演がスタートするが、ハルカとミユキが「フリーだった野音よりも高い壁」として挑戦するのは、2月に控える東名阪公演だ。東京は有料ワンマンとしては着実なランクアップとなる会場・赤坂BLITZということもあり、「多くの人に歌を聴いてもらって、ひとりひとりと約束を交わしたい」と、ハルカとミユキでチケットの手売り作戦を企てた。

都内・近郊のライブハウスでの飛び込み出演や、路上ライブをこれまで以上に積極的にこなし、その場で本人達から直接チケットを購入した人には、特典として「12/23に配信される日比谷野音LIVE ALBUMをダウンロードして、完成させて欲しい」と、直筆サインとメッセージが入ったブランクのCD-R(ジャケット付き) をプレゼントするというもの。

2人の出没情報は、ハルカのツイッター(@harukatomiyuki)で直前に発信されるというので、こまめにチェックして、予定が合った時には近くの人を誘ってかけつけてほしい。

なお、2月の東名阪公演チケットは現在オフィシャル2次先行受付中だ。

【ハルカ コメント】

「LIFE」
3月に作った曲「春の雨」以降に書いた、
すべての曲の裏テーマとしてきたワードが「STOP」。
野音が近づいてくると、不安で眠れない日が続いた。
何人の人が来てくれるのか、もしかしたら、誰も来てくれないかもしれない。
もし、来てくれた人が1人でも、100人でも、
当日来てくれた人全員に(きっとあまり大人数ではないだろうから)、
どうにかして、私の感謝の気持ちを伝えたくて、
集まってくれた殊勝な人に、直接ありがとうの気持ちを言いたくて、
作り始めた曲「LIFE」。その「LIFE」は、
いつしか、
結局は、なにも止められずにいる自分、
ある日の深夜、TVの画面から溢れ出てた人たちの表情が、
そんな自分とシンクロナイズして、
無力さを突きつけられ、途方にくれながらも、
今日から、そして明日も続いていく、いや、自分の意思で続けていく、
生きていく、
名も無き自分自身へ、そして、
名も無き君へ、送る歌になりました。
ちっぽけな歌ではありますが、
どうか、聴いてみてください。

『LIVE TOUR 2016 'LIFE'』

■Acoustic
12月17日(木) 香川 高松SPEAK LOW
w:宇宙まお
12月18日(金) 岡山 城下公会堂
12月19日(土) 広島 音楽喫茶 ヲルガン座
12月22日(火) 鳥取 米子laughs
w:しの,わかめ
12月23日(水・祝) 島根 松江canova
w:homme
■Band
2月06日(土) 東京 赤坂BLITZ
2月20日(土) 大阪 umeda AKASO
2月21日(日) 愛知 名古屋 APOLLO BASE
■TOUR FINAL/Band
9月24日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂

  • minp!音楽ニュース(2015年11月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's