エンタメ情報まとめ minp!

新人シンガーソングライターハナエ、ドラマ挿入歌でデビュー

4月19日にスタートする連続ドラマ『グッドライフ』の挿入歌に、17歳の新人シンガーソングライター、ハナエのデビューシングル「羽根」が起用されることが決定した。

親子間の無償の愛を描いたドラマ『グッドライフ』は、韓国で200万部のセールスを記録したベストセラー『カシコギ』(著:チョ・チャイン)の日本版ドラマ化作品。
「孤独や傷を抱えながらも人を愛する」というテーマを元に作詞作曲したこの曲について、「ドラマと歌が共鳴し、たくさんの人に愛について何か感じてもらえることを、切に願っています。」と自身のブログ上でコメントしている。

幼いころよりピアノ・エレクトーン・ギターなどの楽器に触れ、12歳からは楽曲制作を始めたというハナエ。現在は「誰かを救える音楽を作りたい」との思いのもとライヴハウスを中心に活動を続けている。

なお「羽根」は6月1日にリリースが決定しており、着うた(R)、iTunes等で先行配信がスタートしている。


【リリース情報】
デビューシングル「羽根」
2011年6月1日(水)発売
TOCT-40336 \980(tax in)
1.羽根
(関西テレビ・フジテレビ系 火曜夜10時連続ドラマ『グッドライフ』挿入歌)
2.エトワール

  • minp!音楽ニュース(2011年04月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's