エンタメ情報まとめ minp!

スパガ浅川梨奈、主演舞台への想い語る「少し自分に自信がついた気がします」

エイベックスのアイドル専門レーベル「iDOL Street」が贈る一大プロジェクト「Girls Street 2020」発の舞台「Girls Street Theater 2015 座・花御代コンチェルト」が、2015年11月15日(日)渋谷・CBGKシブゲキ!!にて千秋楽を迎えた。

「Girls Street 2020」は、ステージ上に上がる“パフォーマー”であるアイドル、女優、タレントのみならず、そのステージを裏側で支える「クリエイター」の女の子が、相互に関係しながらエンタメ業界を盛り上げるプロジェクト。出演者の顔ぶれは、iDOL Streetから、SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMから11名、7月12日に新木場スタジオコーストで行われた“Girls Street EXPO2015”にて、Girls Street オーディション、女優タレント部門に選ばれた松永寧音、そして下村尊則、桐山京となっており、SUPER☆GiRLSの渡邉幸愛率いる“すみれ組”、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈率いる“さくら組”のダブルキャストにて上演された。

“1000年に1度の童顔巨乳”として話題の浅川梨奈は、稽古中、ダンスにも歌にも自信が持てず、帰り道や家でも泣いていたそうだが「Girls Street Theater旗揚げ公演に携わらせて頂いて、心から光栄に思いますし、頑張ってよかったって思います。ステージからの景色、客席からのすすり泣く音、楓ーって呼んでくれる歓声、曲終わりにして下さる拍手の音。全てが鮮明に残ってます。自分に自信がなくて、常にマイナスに考えていた私だったけど、少し自分に自信がついた気がします。」と想いをブログに綴っている。

また、観劇に訪れたファンの投票により選ぶ「ベスト・コンチェルト賞」には、GEMの森岡悠が選ばれた。もともと女優志望だという森岡は「私の夢は昔から、沢山の人に笑顔や感動を与えられる女優になることでした。でもなかなかチャンスを頂けず悔しい思いをすることも多く、そんなときに頂いた舞台のお話だったので、この舞台に全力で挑んで絶対にチャンスを掴むんだ!という思いで、舞台と役と向かいあってきました。その思いが通じたのか、今回MVPという素敵な賞を頂くことが出来ました! 本当に本当に嬉しかったです。これを一つの自信に変えつつも、これからも夢に向かって漕ぎ出そうと思います! 支えてくださった沢山の方に感謝の気持ちでいっぱいです!」と嬉しさを語った。

再演を望む声も多く聞かれたという「座・花御代コンチェルト」の詳細については、オフィシャルサイト(http://girls-street.jp/theater2015/)をチェックしよう。

  • minp!音楽ニュース(2015年11月17日)
  • 制作協力:okmusic UP's